close

2019年1月11日
全遺伝子型解析(mRNA)におけるRNA精製方法の切り替えについて
平素は弊社3D-Gene(R)を使用した全遺伝子型(mRNA)解析をご利用いただき、誠にありがとうございます。

 
さて、弊社の受託解析における全遺伝子型(mRNA)DNAチップ解析におきましては、これまで自動マイクロアレイ用精製装置を使用しておりましたが、装置メーカーより試薬の提供ならびに装置メンテナンスを終了する旨の連絡がござました。このため、継続供給の折衝をつづけてまいりましたが、本装置使用の継続が難しくなったため、2019年2月1日より精製方法を切り替えさせていただくことといたしました。
 
ご不明な点につきましてはお問い合わせフォームよりご相談ください。   
 
ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。