close

2018年3月7日
東レ株式会社
欧州サフラン社との間で次世代航空機エンジン用途向け
複合材に関する供給契約を締結

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺 昭廣、以下「東レ」)は、フランスのSafran(本社:パリ、以下「サフラン社」)と、同社が次世代エンジン用途向けに使用する炭素繊維複合材の供給契約を締結しました。  なお、サフラン社とは既に長期供給基本契約を締結しており、今回の供給契約はこれに基づいています。  サフラン社は、フランスの防衛・航空・通信分野の複合企業体で、傘下の中核企業には航空機のエンジンを製造するSafran Aircraft Engines(旧 Snecma)や、航空機の降着装置を製造するSafran Landing Systems(旧 Messier-Bugatti-Dowty)などがあります。米国GE Aviation社との合弁企業であるCFM International社は、小型航空機向けエンジンのメジャーシェアを持っています。  東レは、今後もエンジンメーカーとの直接的な協業を深化させ、炭素繊維の採用拡大が続いているエンジン分野での事業基盤を戦略的に拡充していきます。また、革新的な複合材料の開発を継続して、今後増加が見込める航空機用途ならびに航空機エンジン用途での更なる事業拡大と高性能化・省エネルギー化・低コスト化の推進に寄与していきます。  東レは、中期経営課題“プロジェクト AP-G 2019”において、炭素繊維複合材料事業を中長期に亘って収益拡大を牽引する「戦略的拡大事業」と位置付けています。今後も重点的に経営資源を投入することにより、航空機用途をはじめとする同事業のグローバルな拡大を目指します。

<参考>
1.サフラン社について
(1) 会社名サフラン (英名:Safran S.A.)
(2) 所在地フランス パリ
(3) 設立2005年5月 (Snecma社とSagem社の合併により誕生)
(4) 代表者Jean-Paul Herteman (Président du Directoire)
(5) 事業内容防衛、航空、通信分野の複合企業体
(6) 売上高158億ユーロ (2016年、うち92%が航空宇宙関連)
以上