close

2017年10月19日
東レ株式会社
バッテリーセパレータフィルム“セティーラ®”の生産能力増強について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺 昭廣、以下「東レ」)はこのたび、Toray Battery Separator Film Korea Limited(本社:韓国・慶尚北道亀尾市、社長:中村 悌二、以下「TBSK」)が製造するリチウムイオン二次電池用バッテリーセパレータフィルム“セティーラ®”の生産能力増強を決定しました。投資額は約2,000億ウォンで、今回の増強により、TBSKにおけるバッテリーセパレータフィルム(以下「BSF」)の年産能力を約50%増強します。  同時に、Toray BSF Coating Korea Limited(本社:韓国・忠清北道清原郡、社長:中村 悌二、以下「TBCK」)では、BSF用のコーティング設備の増設を決定し、約1,500億ウォンを投じてTBCKのコーティング能力を約400%増強します。  “セティーラ®”は、高機能・高信頼性を有したBSFで、携帯型電子機器や電気自動車等で普及しているリチウムイオン二次電池(以下「LiB」)用のセパレータとして幅広く使用されています。BSFの世界需要は、民生用途の堅調な拡大に加え、世界的な電気自動車の普及により車載用途の急速な拡大が見込まれます。  また、車載用LiBは、航続距離延長のニーズから、高容量化が進む一方、コストダウンと高い安全性が求められており、LiBを構成する主要な部材であるBSFに対しても、耐熱性や易接着性など、様々な機能が求められています。こうしたニーズに対して、東レはBSFにコーティング加工を施した製品をラインナップしており、車載用途の多くがコーティング品となることから、車載用途の増加に伴い、この度、コーティング設備の増強も決定しました。  東レは、2020年近傍のBSFの生産能力について、1,200億円規模の投資を行い、2017年度比3倍増、合わせてコーティング能力の増強を行う構想を描いています。この度のTBSKの生産設備能力増強、TBCKのコーティング能力増強は、その第1弾となるものです。  急拡大する需要を確実に取り込み、シェア拡大を図るとともに、世界シェアナンバーワンのBSFメーカーを目指します。

以上
<会社概要>
Toray Battery Separator Film Korea Limited
1. 事業内容リチウムイオン二次電池用BSFの開発・製造・販売
2. 本社所在地韓国・慶尚北道亀尾市
3. 設立2008年2月
4. 資本金2885億Won (出資:東レ100%)
5. 代表者中村 悌二
Toray BSF Coating Korea Limited
1. 事業内容リチウムイオン二次電池用BSFのコーティング加工
2. 本社所在地韓国・忠清北道清原郡
3. 設立2015年8月
4. 資本金90億Won (出資:東レ 100%)
5. 代表者中村 悌二
以上