close

2022年3月24日
東レ株式会社
ストレッチャブルデバイス向け伸縮性フィルムを創出
~高い復元性と耐熱性で抵抗値安定性に優れる回路実装を実現~

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、このたび、高い復元性と耐熱性を有する伸縮性フィルム「REACTIS(リアクティス)」の技術を深化し、抵抗値安定性に優れる回路実装を実現する新たな伸縮性フィルムを創出しました。本開発品は、ストレッチャブルデバイスの回路基板として、医療・ヘルスケア用生体センサーをはじめ、産業用センサーやロボットなどの幅広い用途への展開が期待できます。現在ユーザーへのサンプル提供を始めており、早期実用化を目指して研究・技術開発を進めてまいります。  近年、日常生活における健康管理や運動中の生体情報のモニタリングを目的として、生体センサーが組み込まれたスマートウェア※1のような伸縮性のあるストレッチャブルデバイスの開発が期待されています。ストレッチャブルデバイスは、曲げだけではなく、伸び縮みやねじれなどの複雑な動きに対応することが要求されます。そのため、使用される回路基板は、動きに追従することができる高い柔軟性、復元性、繰り返し使用した際の耐久性を満たす新たな素材が求められてきました。  東レのラインアップにある伸縮性フィルム「REACTIS」は、架橋成分と伸縮成分を組み合わせた独自のポリマー構造設計と製膜技術により、高い柔軟性と-20℃~80℃の広い温度環境下での優れた復元性、200℃の高温処理でも変形しない耐熱性が評価され、これまで工業用製品に採用されています。  今回、新たにポリマー設計技術と表面設計技術をさらに深化させることにより、高い復元性と耐熱性を保持しつつ、抵抗値安定性に優れる回路実装を実現した「REACTIS」の新グレードを開発しました。本開発品と伸縮性導電材料を組み合わせることで、回路の伸び縮みやねじれ変形、3D曲面への追従が可能になり、回路伸縮時の抵抗値上昇を従来技術と比較して半減することに成功しました。また、高湿熱環境下(85℃、85%RH)で1000時間保管する試験においては、回路形状の維持と抵抗値の安定性についても確認しました。  本開発品をストレッチャブルデバイスの回路基板へ適用することで、装着時の動きに追従し、広い温度環境下や繰り返し使用時の安定した機能発現が期待できます。このような特徴から、運動フォームの解析を目的とする伸縮センサーや、ロボティクス分野における触覚センサーなど、健康、医療、産業といった人々の生活を向上する様々な用途への展開を図っていきます。  東レは今後も、「有機合成化学」、「高分子化学」、「バイオテクノロジー」そして「ナノテクノロジー」という東レのコア技術を駆使して、社会を本質的に変える力のある革新的な素材の研究・技術開発を推進することで、企業理念である「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」の具現化に取り組んでまいります。

<「REACTIS」を用いた回路実装品>
<語句の説明>
※1) スマートウェア
様々なセンサーなどを組み込んだ衣類。例えば、心拍数や心電図、発汗状態等の生体情報を計測することが提案されている。
<東レ 「REACTIS」 Webサイト>
https://www.films.toray/products/reactis/
「REACTIS™」詳細データ資料
以 上