close

2019年11月5日
東レ株式会社
ギニア共和国での社会・経済開発のための
感染対策衣普及促進事業の開始について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、このたび独立行政法人 国際協力機構(JICA)との間で、ギニア共和国における感染対策能力強化の支援を目的に、感染対策衣の普及促進事業に関する業務委託契約を締結しました。本契約に基づき、東レは、ギニア政府関係者、病院・検査研究機関等の医療・保健従事者を対象に、感染対策衣「LIVMOA(リブモア)®5000」(以下「LIVMOA®」)を用いた感染予防のための着脱研修・訓練を行い、感染対策衣の適正使用とその普及促進を進めてまいります。  ギニアでは、2014~2016年にエボラウイルス病のアウトブレイク(集団感染)が発生しました。今後、アウトブレイクを発生させないためには、その対策経験を踏まえ、国レベルでの感染症対策強化を継続発展的に進める必要があります。特に感染対策衣については、医療従事者・検査技術者等の二次感染の防止と身体の負荷軽減の観点から、途上国での保健医療対策の実情に則した性能が求められています。

 本事業では、ギニア政府関係者を日本に招聘し、国内専門家・専門機関ご協力のもと、日本の保健衛生・感染症対策に関する取り組みの紹介を通じ、医療従事者の安全性向上にむけた感染対策衣の着脱等取扱いの重要性を啓発し、感染対策の準備と感染防止能力の強化の重要性について理解度向上を図ります。

 また現地において、実際に作業する病院・医療機関・検査機関の医療従事者を対象に、各機関の感染リスク分析と対策準備に対する啓発とLIVMOA®を用いた着脱教育・訓練を行います。感染対策衣を安全に使用するための「適切な着脱」についてそのレベルアップを図り、LIVMOA®の品質と性能について、認知度向上を目指します。
LIVMOA®5000

 LIVMOA®は、感染の原因となる体液・血液、その飛沫等の浸透を高いレベルで防御する安全性と、優れた透湿性を備えており、より高温高湿環境下の着用でも、衣服内温度の上昇が抑えられます。また、独自のデザインにより、特に脱衣手順を簡素化することで安全性に考慮し、服に付着した汚染物に起因する二次感染リスクを軽減する点にも配慮しています。  これらの特長を有するLIVMOA®は、着用した医療従事者の身体的・精神的負担を軽減し、より手厚いサービスの提供を支援します。  東レは、中期経営課題“プロジェクト AP-G 2019”において、医療現場の負担軽減に貢献するライフイノベーション(LI)分野の事業拡大を推進しています。アフリカ地域では、エボラ出血熱等、より高度な感染管理対策が必要とされる重症化出血熱疾患(改正感染症法1類に分類)の発生、拡大が懸念されています。当社は、感染対策衣「LIVMOA®」の普及を通じ、アフリカ地域をはじめとする途上国の感染症対策強化、医療従事者の負担軽減と、よりよい保健医療サービス提供の支援に向けグローバルに取り組んでまいります。

1.事業名ギニア国 感染対策衣普及促進事業
2.発注者独立行政法人 国際協力機構(JICA)
3.期間2019年9月~2021年1月
4.事業予算約37百万円
5.活動概要(1)国内招聘による衛生管理・感染症対策研修(対象:ギニア政府公衆衛生・保健医療関係者等)
(2)現地での感染対策衣着脱トレーニング(対象: 医療機関、検査機関等の従事者)
以 上