close

2005年4月28日
「わが国財政再建は進んでいるか
~ 財政悪化の問題点と健全化への道筋~」
チーフエコノミスト
増田 貴司

・わが国の財政状況は先進国の中で最悪だが、明日にも財政が破綻するわけではない。 財政赤字の拡大は、財政の硬直化、財政に対する市場の信認低下、世代間の搾取などの弊害をもたらすため、放置することはできない。 ・財政を持続可能なものにするには、(1)基礎的財政収支(プライマリーバランス)の黒字化、(2)名目金利を上回る名目経済成長率の確保、の2条件が必要である。 ・経済か財政かの二者択一的な議論を脱して、財政健全化に向けた抜本的な改革に着手すべきである。

【キーワード】

世代間の搾取、政府債務の持続可能性、基礎的財政収支(プライマリーバランス)、デフレ脱却、超党派合意

PDF : TBR産業経済の論点 No.05-03(123KB)