close

2009年10月1日
新入社員が職場を救う?!
部長(人材開発部)
小西 明子

【要点(Point)】
(1)2010 年に入社してくる大卒新入社員は、小学校入学と同時に「ゆとり教育」の中で育った「ゆとり社員」である。
(2)彼らの指導に悩む現場の声は多い。彼らの考え方や特色を踏まえた、従来以上のきめこまかい指導体制の確立が急がれる。
(3)不況期とはいえ、入社後に自分の成長イメージが描けないと仕事への意欲や自律的な取り組みが育たず、予期しない退職につながるリスクがある。
(4)職場全体で新人を指導する風土を育てること、また経験の少ない若手が意見や考えを言える仕掛けをつくることは、組織活性化の契機ともなり得る。

PDF : 詳細(PDF:1,039KB)