close

2017年8月2日
若手デザイナーと産地のコラボレーション
- 世界で活躍するデザイナー育成を目指す
Tokyo 新人デザイナーファッション大賞プロ部門のビジネス支援-
研究員(繊維調査担当)
安楽 貴代美

【要点】
(1)
2011年から始まったTokyo新人デザイナーファッション大賞プロ部門は、毎年10ブランドを選出し、入賞したデザイナーには3年間のビジネス支援を行っている。CREATORS TOKYO は、その支援デザイナーと、支援を卒業したデザイナーで構成されるチームの名称である。
(2)
2016年度から支援の一環として、産地とのコラボレーションによる素材開発が始まった。
(3)
開始から7年目を迎え、第1線で活躍するデザイナーも増えてきた。今後も、若手支援の場を提供し続けることが重要である。