close

2012年10月1日
繊維トレンド9・10月号 2012 No.96

■ファイバー/テキスタイル

2012 年度上期の北陸市況 ―福井県繊維卸商協会 河野喜澄専務理事に聞く―

寒川 雅彦 繊維調査部長

 北陸の織物生産の推移は、1999年の100万856㎡から2008年の72万2,957㎡まで10年間で28万㎡と約30%減らしてきた。翌2009年が47万3,122㎡とたった1 年で25 万㎡、前年比▲34.6 ポイントと大幅に減じた。リーマンショックが北陸繊維産業にあたえた影響はすさまじく、国内設備は大幅に縮小した。 リーマンショックで疲弊した産地企業にとって細デニールの高密度織物は日本の合繊メーカーの技術力と北陸産地の高次加工技術力を駆使した日本ならではの商品で産地の稼働を助ける格好の商品であった。2011年は、産地の生産量も50万㎡を超え2008年当時との品種構成差(細繊度・高密度化)などを考慮すると実質の稼働率は、大幅に改善し産地の救世主であった。

PDF : 詳細(PDF:724KB)

国際不織布展ANEX2012(韓国・ソウル)報告

テキスタイルジャーナリスト 米長 粲 東レ株式会社 繊維加工技術部 塩谷 隆

【要点(Point)】
(1)世界3 大不織布展(欧州、米国、アジア)の一つである“ANEX2012”(アジア不織布展)が、韓国で6月に開催され、24 カ国から237 社の出展があった。
(2)活発な経済活動に伴う生活水準向上と人口増加に支えられ、アジアの不織布需要は年率9.6%の成長が予想される。この中で量的伸びを支える中国と質的な向上を支える日本、韓国、台湾の役割が大きい。
(3)日本、韓国、欧州のメーカーから多くの機能性不織布が展示され、世の中の流れに対応して、環境・エネルギー用途、メディカル・ヘルスケア用途の素材の台頭が目立った。
(4)不織布生産設備の革新や改善には引き続き欧米メーカーの貢献が大きい。

Pitti Immagine Uomo 2013 年SS 向けメンズトレンドから欧州繊維産業の目指す方向を探る

株式会社インテグレード 代表取締役社長 繊維月刊誌『Twist』(World Textile Publication Ltd. 発行) 在日特派員 永松 道晴

【要点(Point)】
(1)フィレンツェで開催された今回のPitti Immagine Uomo では、フォーマルとカジュアルをスマートに組み合わせて着こなすハイブリッドスタイルがメンズに登場した。バレンチノはじめ欧米のトップメゾンがこうしたハイブリッドスタイルを提案してデザイナーやMD の注目を浴びたことから、伝統的なメンズショップの店舗内容に大きな変革をもたらすトレンドを形成する端緒となるであろう。
(2)今回の展示会は、主催者がトレンドコンセプトを設定して参加企業がそれを踏まえて自社企画をプレゼンテーションするのではなく、各社がそれぞれ独自の企画で他社と差別化することに注力していた。そのために強調されたことはトレーサビリティ(traceability)とプロベナンス(provenance)で、これにはアジアはじめ周辺国からの輸入品攻勢に対抗する戦略としての意味もある。
(3)その具体的方策は、自社製品を素材から完成品まですべて地場で生産して「Made in Italy」「Made in England」を保証することである。その例を「Made in Europe」プロジェクトを推進しているヨーロッパリネン&麻連盟(CELC)の活動から説明すると、それは基本的産業政策として地球環境の維持持続性(sustainability)を座標軸の原点としたものといえる。その意味でグローバルなトレンドセッターとしてヨーロッパの面目躍如たるものがある。

■縫製/アパレル

アジア・アフリカの新興輸出国の特徴 バングラデシュ、カンボジア、マダガスカルの縫製企業データの比較

日本貿易振興機構アジア経済研究所 アフリカ研究グループ 福西 隆弘

【要点(Point)】
(1)近年、所得の低い国からの縫製輸出が増加している。これらの国の縫製産業は低賃金が魅力である一方で、生産性は低く、低単価の衣料品に特化していると見られがちだが、実態は必ずしもそうではない。
(2)一般的なイメージに近いのがバングラデシュであり低賃金が競争力の源泉であるが、カンボジアは比較的高い賃金を労働者の質(教育水準)と生産性で補っている。マダガスカルもカンボジアに似た傾向を有しているが、輸出単価が高い高品質の衣料品を生産しているという特徴がある。
(3)欧米のアパレル市場の自由化に伴い、競争条件は均一化しつつあり、各国の縫製産業はそれぞれの特長を活かしながら、競争力の維持を図っていることが分かった。新興輸出国の縫製企業と取引する際には、こうした特徴を理解することが有用と思われる。

中国におけるアパレル商品のEC 

株式会社フランドル 上海事務所 所長 篠原 航平

【要点(Point)】
(1)中国のEC 市場に占めるアパレル品の取引総額は、2011 年には2,049 億人民元(EC 総額の26.5%)、2014 年には5,195 億人民元(同26.9%)になると考えられている。
(2)現在の中国のアパレル品のEC において主流となるのはC to C 形式で、2011 年のEC 総額におけるCto C とB to C の比率は、79.9%:20.1%。
(3)中国のEC における利用者の属性や動向を9 項目から考察。
(4)中国でのアパレル品のEC は、プラットフォーム形式のサイトが中心。利用者の動向を5 項目から考察。

■小売/消費市場

PRADA イン・ニューヨーク

英字ファッション情報誌「NY Street Fashion: Multicultural Fashion & Lifestyle Magazine」 シニアエディター マヤ・カワムラ

【要点(Point)】
(1)昨年アレクサンダーマックイーンの「野蛮なビューティー」展で大成功を収めたNY のメトロポリタン美術館は、今年も世界の流行発信イベントとしてイタリアのデザイナー、エルサ・スキャパレリとミウチャ・プラダの「不可能な対話」展を開催。展示会のオープニングパーティー、ハリウッド映画「プラダを着た悪魔」の続編、国際ヨットレース「アメリカズカップ」参加等、プラダ社のプロモーションに大いに役立つ。
(2)プラダ社のNY での活動は、高級百貨店バーグドルフ・グッドマンとのコラボに始まり、中国観光客の購買力に期待がかかる。
(3)世界の高級ブランド市場は、2014 年まで8%の成長が予想されているが、米国の経済回復もまた重要なポイントとの見方が強い。そうした中で、昨年6 月のプラダ社の香港市場IPO(新規株式公開)デビューは世界の経済産業界関係者から注目を集めている。

ガールズマーケット分析 

東京ファッションプランニング株式会社 デザイン・企画カンパニー 社長 山田 桂子

【要点(Point)】
(1)きゃりーぱみゅぱみゅの人気に象徴されるように、ヤングマーケットで原宿系が勢いを増してきた。
(2)渋谷、原宿における定点観測によると、典型的なギャル系のヘアスタイル、茶髪・ロング・巻き髪が減少し、金髪・ショートの原宿ストリート系スタイルが増えている。
(3)世界の高級ブランド市場は、2014 年まで8%の成長が予想されているが、米国の経済回復もまた重要なポイントとの見方が強い。そうした中で、昨年6 月のプラダ社の香港市場IPO(新規株式公開)デビューは世界の経済産業界関係者から注目を集めている。

■新市場/新製品/新技術動向

「困っている人を助けたい」視点から さまざまなユニバーサルウエアやマットレスを研究開発 有限会社ハッピーおがわ

フリージャーナリスト 土井 弘美

【要点(Point)】
(1)かわいがってくれた祖母のために、おしゃれな服を作りたい」と、介護服(ユニバーサルウエア)の分野に参入した。
(2)素材から研究を重ね、背中が出ない「らくらくパンツ」や、手が不自由でも自在に上げ下げできるサポーターなどを次々と開発。
(3)体圧を分散し、床ずれのできない画期的なマットレス、「ハッピーそよかぜ」を開発。多くの専門家の知恵を借り、臨床実験を繰り返した努力の結実である。
(4)天然繊維と化合繊のハーモニーから生まれる高機能素材が望ましい。

■統計・資料

主要合繊別・国別・メーカー別設備能力(現状および増設計画)

《合繊原料編》

・カプロラクタム   ・テレフタル酸   ・DMT   ・エチレングリコール   ・アクリロニトリル

《主要合繊編》

・ナイロンフィラメント   ・ポリエステルフィラメント   ・ポリエステルステープル   ・アクリルステープル   ・レーヨンステープル   ・スパンデックス   ・スーパー繊維