close

2019年6月17日
水素は次世代のエネルギーたりうるのか?
―水素社会の実現可能性(前編)―
産業経済調査部
山口 智也

Point
(1)水素は究極のエネルギーとも目されながら、使い勝手の悪さからエネルギー源としての利用は進んでいなかった。しかし、ここ最近は水素をエネルギー源として利用する取り組みが盛んになっている。
(2)技術開発が進む一方で地球温暖化対策が模索されるようになり、水素をフルに活用する「水素社会」の実現に注目が集まっている。
(3)日本だけでなく、国際的な枠組みや、欧米、中韓などの各国・地域においても水素社会の実現に向けた取り組みが加速している。

PDF : 水素は次世代のエネルギーたりうるのか?(973KB)