close

2008年1月9日
2008年日本経済を読み解く10のキーワード
~ この底流変化を見逃すな ~
チーフエコノミスト
増田 貴司

・本稿では、年頭に当たり、2008年の日本経済を読み解く上で重要と思われるキーワードを筆者なりに10個選定し、解説してみたい。 ・キーワードの選定に当たっては、マクロ景気動向に関する用語に偏ることなく、経済社会の広範なテーマに目を向けた。また、巷でよくある「今年のトレンド予測」や株式市場で一過性の材料となるテーマ探しとは一線を画し、現在日本の経済社会の底流で起こっていて、日本企業の経営や個人の生活に大きな影響を与えそうな構造変化や質的変化を的確にとらえることに留意した。 ・2008年の10のキーワードを列挙すると、以下のとおりである。

【キーワード】

(1)デフレ脱却、(2)M&Aによる業界再編、(3)持続可能性、(4)年金改革、 (5)ポスト京都議定書と環境経営、(6)エコカー、(7)メタボ対策、(8)社員のモチベーション、(9)人材育成、(10)グローバル生産の新展開

PDF : TBR産業経済の論点 No.08-01(364KB)