close

2018年5月14日
独自の「人財」育成プログラムで目指す、全員『めっちゃプロフェッショナル』
―職人の早期育成と業界内連携、ICT活用による高度技能伝承への挑戦―
コンサルタント
金子 真弓

【要点】
(1)
KMユナイテッドは大阪・大手塗装会社・竹延の子会社として、人材育成を目的に創設。当時、高度な技能を持つベテラン職人の高齢化や、職人全体の意識・質の低下などにより、人材育成が難しい状態だった。
(2)
同社は「人財」育成プログラムの構築に着手。『めっちゃプロフェッショナル』をモットーに、特定の作業への限定・集中化と段階的育成を行うことで、職人の早期戦力化と生産性の向上を実現。
(3)
約30名の従業員のうち、20名が女性や外国人を含めた未経験者。多様な人材の育成と活躍が、これまでになかった製品の開発や高度な技術力が要求される施工など、企業にとって高い付加価値を生み出している。
(4)
業界内での連携やシステム開発会社との協働、ICT・デジタル技術の活用で、さまざまな職人の熟練技を携帯端末で視聴、学習することができる「技ログ」の開発に乗り出した。

PDF : 詳細(1,202K)