close

2009年9月1日
上級MOT 短期集中研修「戦略的技術マネジメント研修」について(第16回)
世界金融危機の影響とわが国の技術競争力の現状と将来展望
シニアリサーチフェロー MOTチーフディレクター
宮木 宏尚

【要点(Point)】
(1)日本の金融システムの基盤はしっかりしており、今回の世界同時不況からの回復も遠くないだろう。日本の経済構造は既に内需型になっており、内需拡大での経済拡大は難しい反面、世界同時不況の影響は受けにくい体質になっている。
(2)日本人は歴史的に見ても極めて高い独創性とイノベーション力を備え、またそれを受け入れる柔軟性を備えた国民である。日本は技術力を活かして世界に優秀な工業製品を輸出しているが、これは単に技術を売っているだけでなく、これに伴う文化を輸出していると言える。この独創性に優れた「文化」こそが日本の強みである。
(3)日本がその技術力を活かして世界に貢献するためには、国際的な規模でのプロジェクトを束ねていくプロジェクトマネジメント力が必要であり、この強化こそがMOT 人材育成の目的である。
(4)長期的には、日本の技術力継承のためには海外からの人材受け入れが不可欠であり、また全国に点在する特徴ある中小企業や地方大学を支援する仕組み作りも重要である。

PDF : 詳細(PDF:1,263KB)