close

2015年6月8日
家電が希薄な家電見本市
― CES ASIA(中国・上海)見聞録 -
チーフアナリスト
永井 知美

・2015年5月25日から27日にかけて、全米家電協会(CEA)が主催する家電見本市・CES ASIA(Consumer Electronics Show ASIA)が、アジアで初めて中国・上海で開催された。 ・CES ASIAには、デジタル家電、白物家電、スマートフォン等、消費者におなじみの製品はほとんど見当たらなかった。代わりに主役となっていたのが自動車である。時代の流れを映してか、ウェアラブル機器、ドローン、IoT(Internet of Things)関連機器のブースも多く見かけた。 ・もう一つ、特筆すべきは日韓企業の不在である。日本メーカーでブースを構えて気を吐いていたのは、オーディオ機器メーカーの「オーディオテクニカ」のみ。寂しいのは日本企業だけでなく、サムスン電子、LGエレクトロニクスといった韓国電機メーカーの姿もなかった。 ・自動車が家電見本市の主役になっている背景には、IoTがある。情報通信機器以外の様々なモノに通信機能を持たせ、インターネット接続や相互通信で、自動制御等を行うのがIoTだが、自動車はIoTを具現化しやすい分野である。CES ASIAでは、独アウディが自動運転のコンセプトカーをお披露目した。 ・基調講演では、米インテルが熱く夢を語った。テレビ、パソコン、スマホに続く大型製品が不在の今、電機業界は、夢を語らざるを得ない状況にあるのかもしれない。

【キーワード】

CES ASIA、上海、全米家電協会(CEA)、自動車、IoT、ウェアラブル、ドローン、オーディオ機器、オーディオテクニカ、アウディ、自動運転、インテル、家電、白物、スパイダー・ドレス

PDF : TBR産業経済の論点 No.15-05(611K)