close

2021年4月9日
宮原部長がアドバンテッジリスクマネジメント社の『がん治療と仕事の両立セミナー』に登壇

メンタリティマネジメントを専門にしているアドバンテッジリスクマネジメント社の『プロフェッショナルに学ぶ!がん治療と仕事の両立に必要な支援とは』と題して、2021年3月3日にオンラインセミナーに登壇しました。当日は企業の人事労務担当者を中心に、200名を超える参加者が聴講されました。 <講演の内容> がんの告知後、本当は働き続けたいのに様々な理由から退職を選んでしまう方は少なくありません。定年延長等で社員の高齢化が進行し、従業員から「がん告知」を受ける可能性が高まっています。今では2人に1人ががんに罹患する時代です。企業としては、優秀な人材ががんを理由に退職することなく、治療と仕事が両立できる環境を整備することはダイバーシティ・インクルージョンの中でもとても重要になっています。本セミナーでは、がん治療に関する内容、企業としての有効な支援策、先進企業事例に触れ、がんに罹患した人を上司や周囲のメンバーがどのように支援していくべきか、また当人においてもどのような働き方があるのか、分かりやすく解説しました。


アドバンテッジリスクマネジメント社のセミナー告知文
 
当日のオンラインセミナーの様子