close

2004年2月17日
「キーワードで読み解く2004年の日本経済」
チーフエコノミスト
増田 貴司

・本稿では、2004年の日本経済を読み解く上で焦点となるトピックについて、キーワードを掲げつつ解説してみたい。

【キーワード】

(1)デフレ下の景気回復、(2)前半堅調・後半足踏み、(3)細く長い回復、(4)デジタル景気、(5)中国は日本の成長エンジン、(6)年金改革と年金ショック、(7)乏しい個人消費の浮揚感、(8)崩れた家計の高貯蓄神話、(9)幻想の「デフレ脱却期待」、(10)地銀の不良債権問題と地方の信用収縮、(11)起業ブームと大企業発ベンチャー、(12)モノづくりマーケティング

PDF : TBR産業経済の論点 No.04-03(118KB)