close

2016年9月1日
経営センサー9月号 2016 No.185

■今月のピックアップちゃーと

日本人は自分が働いている会社を世界一信頼していない!?

■経済・産業

【日本の産業構造の変化と競争力に及ぼす影響】 2010年代の日本の輸出の伸び悩みは競争力低下が原因なのか

産業経済調査部門 シニアエコノミスト 福田 佳之

【要点】
(1)
2010年代の日本の貿易の伸びが鈍い。マクロ経済ショックの影響を差し引いても貿易拡大ペースが緩慢である。
(2)
2005年と2014年の中国、米国、ドイツ、日本、韓国の世界の輸出シェアを比較すると、中国の輸出シェアが急拡大する反面、米国、ドイツ、日本の同シェアが減少した。とりわけ日本の機械業種のシェア低下が顕著である。
(3)
貿易と産業の構造変化を把握するため上記5カ国の顕示比較優位指数を算出すると、依然として先進国の製造業の過半が比較優位にあることがわかる。
(4)
2010年代の日本の輸出の伸び悩みは製造業の競争力の低下によるというよりも、世界における新興国企業の台頭に対抗した結果と見るべきである。これまでのところ対抗策は概ね成功しており、日本の製造業がこれまで築いてきた事業領域の比較優位がすぐに崩される心配はない。しかし、ビッグデータ、IoT、AIの活用で新たな事業領域が広がっているため、競争優位を迅速に確立する必要がある。

PDF : 詳細(1495KB)

■アジア・新興国

メイク・イン・インディア政策の背景と実績

専修大学 経済学部 教授 内川 秀二

【要点】
(1)
モディ政権の政策は人口動態、社会構造、また既得権益によって制約されている。
(2)
モディ政権発足後に国際原油価格が下落したために、インフレ率(消費者物価指数)も5%前後まで下がった。
(3)
インド経済は今後も6~7%の安定した成長が見込まれる。

■業界展望

欧州鉄道ビジネス―日本企業参入への課題 ―日立の英国高速鉄道ビジネス成功に続く日本企業は現れるか―

長崎県立大学 経営学部 国際経営学科 教授 江崎 康弘

【要点】
(1)
欧州では、EU創設以降、市場拡大に伴う交通渋滞と大気汚染の問題を解決する対策として、鉄道輸送の活性が進められてきた。
(2)
欧州鉄道市場活性化のため、インターオペラビリィティ、上下分離とオープンアクセス、さらには、国鉄の民営化、鉄道関連メーカーの統廃合がEU主導で展開された。
(3)
欧州鉄道市場の自由化・民営化の流れのなか、欧州ビッグスリー(ボンバルディア、シーメンス(以上、独)、アルストム(仏))の寡占状態であった欧州鉄道市場に日本企業が参入できた事例として日立製作所の英国高速鉄道市場への参入がある。
(4)
車両メーカーの日立製作所の欧州での活躍が目を引くが、新線敷設や高速鉄道導入計画の場合、車両メーカー以外の建設土木施工や沿線部材(バラスト、線路、枕木等)も当然必要となるが、これらの分野に日本企業が参入できるかを検証したい。

■視点・論点

人材育成から組織変革へ ―組織変革のプロセスをマネジメントする―

ジョイ・アンド・バリュー株式会社 代表取締役 大江 功次

前回『経営センサー』(2015年11月号)に寄稿した際、多くの企業において、さまざまな組織課題の解決策が旧来型の研修に偏っていることについて述べました。同時にそこから脱却するために、以下のような提言を致しました。

PDF : 詳細(989KB)

■マネジメント

ドラッカー、ハーバードも驚いた日本近代ビジネスの父 欧米とは異なる日本のビジネス道はこれしかない! ―経済と道徳の融合を確立した渋沢栄一―

株式会社ロゴ 営業担当ディレクター 香月 秀文

【要点】
(1)
渋沢栄一は第一国立銀行を創設するなど明治期の殖産興業を促進し、日本の資本主義の父といわれる。彼はビジネス活動に強固な道理を考え、「論語」をその基本とした。
(2)
昨今、企業の不祥事が報じられるが、経営者の姿勢のみならず、働く人全ての道徳意識にも関係する。日本人が気質として持っている、「誠実で真摯に努力」することを忘れ去ったからではないか。
(3)
日本が世界で存在感を示せるのは、この誠実で真摯な努力、道理をわきまえた人材によってであろう。自社の事業にふさわしい人材は企業が自前で育てなければならない。多数の企業を創設した渋沢の今日的な意義はここにある。

PDF : 詳細(1422KB)

 

国内製造業で観察される創造と破壊

EQパートナーズ株式会社 講師 株式会社ビズ・ナビ&カンパニー 代表取締役社長 早嶋 聡史

【要点】
(1)
企業は成長期から成熟を迎えるにあたり組織が固定化しドミナント・デザインが確立される。
(2)
新しい取り組みは、既存のキャッシュカウ的な組織からは反対されるため、革新的な取り組みを実際に実現できない。
(3)
新しい取り組みを真剣に行うのであれば独立した組織で独立したルールで小さく始める方法がベターとされる。

PDF : 詳細(1374KB)

■ダイバーシティ&ワークライフバランス

女性活躍支援 ~魅力あふれる女性リーダー特集~ 逆境を乗り越え、地域から愛される永続企業を目指す

石坂産業株式会社 代表取締役 石坂 典子 氏 ダイバーシティ&ワークライフバランス推進部長 宮原 淳二 フリージャーナリスト 土井 弘美

【要点】
(1)
ダイオキシン騒動で周囲から激しいバッシングを浴び、窮地に陥った会社(産業廃棄物処理企業)を創業者である父親から継承する。
(2)
15億円を投資した焼却炉を廃炉にする決断をし、「全天候型独立総合プラント」を40億円かけて導入。受け入れた産業廃棄物の96%を減量化およびリサイクル。
(3)
会社の管理敷地面積東京ドーム3.5個分のうち、8割が里山であり年数千万円かけて管理を行う。里山再生を進めながら、環境教育の拠点を作る。また森林パーク「花木園」をつくり、地域の方々に愛される企業を目指す。
(4)
プライベート面では2人の子どもを育て上げる。仕事優先で子育てはしないという選択はせずに、子どもたちと話す時間をしっかり取るようにしている。
(5)
女性も会社に不満があれば意見を言って突破口を開き、成功体験を持つべき。それが自分も会社も成長させる。

PDF : 詳細(1485KB)

■経済用語解説

ちょっと教えて!現代のキーワード

産業経済調査部門 「自動運転」「ESG」

■お薦め名著

『サイエンス・インポッシブル』 ―不可能への飽くなき挑戦―

ミチオ・カク 著 斉藤 隆央 訳

■ズーム・アイ

良薬は口に美味しか

調査研究・コンサルティング部門 繊維調査担当 安楽 貴代美

先日、漢方薬を処方され、薬効などインターネットで検索してみたところ、詳細な解説を見つけることができました。すると、口コミ欄には「非常に不味い」という不吉なコメントがあるではありませんか。漢方薬に不慣れで緊張はあったものの、味については考えていなかったので、驚くとともにすっかり怖気づいてしまいました。飲んでみると、確かに何とも言えぬ奇妙な苦みです。2.5gの顆粒で、「100ml程の白湯に溶いて飲むとなおよし」といった記載まであり、どこの物好きがそんなことをするのかと、誰にともなく反抗的な気持ちにさえなります。