close

2012年1月10日
東日本大震災後の躍進に向けて
チーフエコノミスト
増田 貴司

2011年3月の東日本大震災で打撃を受けた日本の製造業は、その後、早急な生産回復を果たし、現在に至っています。一方、震災後に電力供給不足の長期化や事業継続対策の必要性の高まりなどの試練が加わり、これらが今後の日本のものづくりに影響を与えることが予想されています。  2011年を締めくくるに当たって、日本の製造業がこれまでに抱えた課題を克服して世界で躍進するためにどうすればいいのかについて、当社のエコノミスト・アナリスト3人が議論しました。

PDF : 東日本大震災後の躍進に向けて (355KB)