close

2010年8月1日
職場のメンタルヘルス対策
-本当に機能させるための方法-
シニアコンサルタント
福田 貴一

【要点(Point)】
(1)メンタルヘルスに関する職場での対策(ラインによるケア)は重要であるが、管理者とその部下という職制上の枠組みだけで捉えると、そこにはいくつかの問題(ハードル)がある(上司と部下の“物理的ハードル”、“関係性のハードル”、“管理者の資質的ハードル”)。
(2)職場のメンタルヘルス対策を実質的に機能させるには、それらのハードルを克服する組織的な仕掛けが必要となる。
(3)その一つとして、所属部署にとらわれず他のメンバーの様子を察知し適切にかかわることができる人材(ラインケアサポーター)を養成し配置することは有効な手段である。

PDF : 詳細(PDF:1,720KB)