close

2017年9月29日
なぜ「製造業のサービス化」が進んでいるのか
~ IoT・デジタル化の進展が後押し、素材メーカーも無縁ではない ~
チーフエコノミスト
増田 貴司

・以前から進んでいた「製造業のサービス化」の動きが、最近一段と加速している。 ・21世紀に入って製造業のサービス化が進んだ背景には、新興国の台頭とITの発達によるものづくりへの参入ハードルの低下を受けて、ハイテク製品でさえも短期間でコモディティ化するようになったことがある。この結果、製品自体の価値よりも、製品の使用段階における使用価値・経験価値を重視する風潮が高まってきた。 ・IoTの普及により、製造業の競争軸が「モノの製造・販売」から「モノを介した顧客価値の提供全般」へと広がり、製造業がデジタルデータを使って顧客のニーズを知り、ハードとソフト・サービスを融合させて顧客の課題解決に貢献するビジネスに乗り出せるようになった。この結果、製造業のサービス化の動きがさらに強まっている。 ・独インダストリー4.0は、デジタル化による製造プロセスの最適化(効率性の改善)だけでなく、「スマートサービス」による新たなビジネスモデル創出を狙った政策であるが、真の狙いは後者にある。インダストリー4.0はIoT時代における製造業の競争力維持策としてサービス化を志向する政策と言える。 ・日本の製造業のIoTを活用したサービス化への取り組みは、欧米に比べて遅れている。しかし、第4次産業革命時代の環境変化に対応して製造業が生き残っていくために、「モノを通じたサービス提供による価値創造」に取り組む必要性は高まっている。 ・素材産業にとってもサービス化は無縁ではない。製造業のサービス化を促す環境変化は、素材メーカーにも押し寄せており、モノとサービスを組み合わせた事業モデル開発が重要になりつつある。多様かつ刻々と変化する顧客ニーズに柔軟かつ機敏に対応するには、素材メーカーもIoTを活用したサービス・ソリューション提供による価値創造を検討すべきと考える。

【キーワード】

サービス事業化、サービス価値化、使用価値・経験価値、モノからコトへ、コモディティ化克服策、IoT、第4次産業革命、インダストリー4.0、スマートサービス、サービス・ソリューション展開

PDF : TBR産業経済の論点 No.17-05(731K)