close

2013年11月4日
GNI(国民総所得)

日本人が内外で稼いだ所得全体
アベノミクスの成長戦略の主要指標の一つ

 日本国民や日本企業が国内や海外で稼いだ所得全体を指します。安倍首相が 2013 年 6 月 に打ち出した成長戦略で一人当たり GNI が数値目標として明記され、一躍注目を集めるこ ととなりました。GNI は GDP(国内総生産)とどのように異なるのでしょうか。  GDP とは国内で一定期間内に生産されたモノやサービスの付加価値の合計額を指し、海 外の活動で得た付加価値分は考慮されません。GNI はこの海外で稼いだ分も加えることと なります。ちなみに、2012 年度の GDP は 474.8 兆円ですが、GNI は 490.2 兆円と GDP を 15.4 兆円上回ります。  なお、成長戦略では一人当たり GDI を 10 年間で 150 万円以上増やすことが盛りこまれ ました。安倍首相は「家計が潤う」ことを狙ってこういった目標を提示していますが、実 際にこの数値目標が達成されたとしても、家計の所得が 10 年間で 150 万円増えるわけでは ありません。  GNI は家計だけでなく、企業、政府、民間非営利団体の所得から構成されています。こ れまで企業部門が海外資産からの利子や配当の増加で所得を増やしてきた一方で、家計部 門は雇用者報酬の減少と低金利による利子等の受け取り低下で所得を伸ばせていません。 家計所得増大を通じた一人当たり GNI の増加はかなり難易度の高いものと言えるでしょう。

PDF : 詳細(320K)