close

2015年3月2日
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)

鉄よりも軽くて強い樹脂、成形性向上がカギ

 炭素繊維で強化された樹脂を指します。Carbon Fiber Reinforced Plastics の頭文字を とって CFRP と呼ばれます。炭素繊維は鉄に比べて同じ重量なら 10 倍の強度を持つ材料で す。現在、軽くて強い CFRP は、航空宇宙や自動車の分野だけでなく、橋脚など土木建築、 風力発電などエネルギー、ゴルフのシャフトなどスポーツ・レジャー分野などさまざまな 材料に展開されており、高い成長が期待されています(図)。  一方、CFRP にも問題があります。材料・製造コストが鉄鋼など従来の材料に比べて高価 な上に、製品や部品に成形するのに時間がかかることです。CFRP は熱硬化樹脂を使ってい るため、加熱して樹脂を固めるための時間が必要で、大量生産には向きません。そこで、 熱を加えて成形し、冷えることで固まる通常の熱可塑性樹脂を CFRP に使用する動きが出て います。現時点では強度など解決すべき課題が多くありますが、熱可塑性樹脂の CFRP が実 用化されれば、同製品の市場が飛躍的に拡大するでしょう。

PDF : 詳細(264K)