close

2018年4月19日
サーキュラー・エコノミー時代のビジネス戦略
研究員
川野 茉莉子

・欧州で動き出したサーキュラー・エコノミー(CE)とは、天然資源の調達や廃棄物の発生を抑制するための欧州の資源循環政策であるが、新たな産業や雇用を生み出すための「市場創造型」の経済戦略でもある。CEの市場規模は2030年には4.5兆ドルに達すると期待されており、欧米企業はCEをビジネスチャンスと捉え、CE型の新たなビジネスモデルに取り組んでいる。 ・CEでは、従来の大量生産大量販売という売り切りモデルから脱却し、IoTを活用してリサイクル、シェアリング、製品のサービス化などにより製品の利用頻度を上げ、長期間利用することで廃棄をミニマイズ(最小化)する新たなビジネスモデルが求められている。 ・①製品のサービス化(Product as a service)、②シェアリング・プラットフォーム、③製品の長寿命化、④資源の回収・リサイクル、⑤循環型サプライチェーンという5つのCE型ビジネスモデルについて企業の具体例などを紹介する。 ・CE型ビジネスモデルの変革に取り組む上では、現状のサプライチェーンにおいて使われていないアセットは何かを見つけ出し、「無駄」を「富」に変えるという視点が必要である。

【キーワード】

サーキュラー・エコノミー、循環経済、IoT、製品のサービス化、シェアリング、リサイクル、循環型サプライチェーン、製品の長寿命化、アップグレード、自己修復、ブロックチェーン、中古品市場、国際イニシアチブ、SDGs、ESG投資

PDF : TBR産業経済の論点 No.-05(849KB)