close

2019年6月17日
成長続く動物用医薬品市場
―新興国ペット需要がけん引―
チーフアナリスト
永井 知美

Point
(1)世界のアニマルヘルス市場(動物用医薬品と飼料添加剤の合計)は、規模は小さいが、畜産向けの堅調な伸び、新興国のペット向け市場拡大により、2017年から2025年にかけて年平均約6%の成長が予想されている。
(2)動物用医薬品はヒト用医薬品に比べて医療費抑制の圧力が小さい、特許切れのダメージもヒト用より少ない。
(3)現時点で、動物用医薬品の最大市場は畜産・ペット飼育が盛んな米州だが、ペット向けを中心に中国市場の高成長が予想されている。
(4)動物用医薬品の主要メーカーは、大市場を有する欧米メーカーが中心である。本稿では、動物用医薬品業界最大手の米ゾエティスを事例に市場を展望したい。

PDF : 成長続く動物用医薬品市場(967KB)