close

2017年6月23日
人材育成の視点
2017年度新入社員研修を振り返る
―感度の高い新入社員をどう受け入れるか―
部長(人材開発部)
小西 明子

【要点】
(1)
親会社の新入社員導入研修に参加し、今年の新入社員と2週間接点を持った感想を、担当者3名で共有した。
(2)
近年の新入社員は、学生時代から企業や社会の情報にさまざまな形でアクセスし、自分がやりたいことのイメージを具体的に描いて入社してくる者も多い。
(3)
そうした感度の高い新入社員が、導入研修で得られる知識として期待するものも、従来とは変わってきている可能性がある。
(4)
新入社員を受け入れる職場・上司は、一人ひとりの経験や価値観、やりたいこと等を受け止めた上で、目前の仕事に立ち向かう動機付けを行うことが求められる。

PDF : 詳細(1,294K)