close

2012年10月1日
ゲーミフィケーション

「ゲームの力」は世界を変えるのか

ゲーミフィケーション(Gamification)とは、ゲーム制作に用いられる手法や仕組みを、 ゲーム以外の分野に活用することによって、参加者の意欲を高め、仕事上の課題解決や生 産性向上、販売促進などにつなげることを言います。多様な形態がありますが、人が思わ ず夢中になったり、「ハマってしまう」ような仕組みや仕掛けを導入する点で共通していま す。 2010 年頃から米国でにわかに注目され始めた概念ですが、これを活用した事例は昔から 存在しています。飛行機に乗るとポイントがたまり、一定額に達すると特典航空券や各種 サービスが獲得できる航空会社の「マイレージ制度」が典型例です。 最近脚光を浴びるようになった理由としては、情報通信技術の発達により、人間の行動 を測定し記録することが可能になり、ゲーム化できる空間が広がったことや、SNS(ソー シャル・ネットワーキング・サービス)と連動してコミュニケーションに使えるようにな ったことなどが挙げられます。 米国では、大統領選挙の支持者の選挙運動にゲーミフィケーションが活用されています。 東日本大震災後の日本では、自分の節電状況をゲーム化して節電を促すサービスなどが登 場しています。 今後、様々な分野でゲームと社会の新しい関係を模索する動きが活発化しそうです。ゲ ームの力を使うことで、人間の想像力や創造力をうまく引き出し、社会をより豊かなもの に変容させることができるのかどうか注目されます。

PDF : 詳細(471KB)