close

2003年4月1日
繊維トレンド4月号 2003 No.36

■市況

グローバリゼーションと発展途上国の選択  第1部  インドネシア(前編)  開発独裁 - スハルト前大統領の功罪 

向川 利和  特別研究員 繊維産業アナリスト

■業界動向

日本タオル業界のその後の動向

日本タオル工業組合連合会  事務局

■内外企業動向

注目される子供向けファッション市場と日本に上陸した「ベビーザらス」の動向 

有限会社ビーカム 流通ジャーナリスト  三田村 蕗子

■新製品・新技術

新型発汗マネキン『SAM』の開発 

株式会社東洋紡総合研究所 分析物性研究センター  快適性工学グループ リーダー  石丸 園子

衿の汗じみ変色が起きにくい形態安定ドレスシャツ『清潔・衿』

東レインターナショナル株式会社  アパレル2部  テクニカル・マネージャー  小島 眞壽士

■繊維産業政策

繊維産業の輸出とジェトロの支援

日本貿易振興会 企画部業務課長 兼 輸出促進支援室長  木村 誠

■ファッション

2003年秋冬 レディース ファッション トレンド

東レ・ディプロモード株式会社 企画生産本部 本部長補佐  兼 ジバンシィ企画室長  三好 俊哉

■統計・資料

I.主要短繊維糸・織物の相手国別輸出入統計

1.綿織物輸出 2.純綿糸輸入統計 3.綿織物輸入 4.ポリエステル綿混織物(T/C)輸入

II.主要長繊維糸・織物の相手国別輸出入統計

  1.ナイロンフィラメント(N-FY)の輸出 2.ポリエステルフィラメント(P-FY)の輸入    3.ポリエステルステープル(P-SF)の輸出 4.アクリルステープル(A-SF)の輸出    5.ポリエステル長繊維織物の輸出 6.ポリエステルフィラメント(P-FY)の輸入    7.ポリエステルステープル(P-SF)の輸入

III.主要合繊別・国別・メーカー別設備能力推移

  【合繊原料編】    ・カプロラクタム    ・テレフタル酸     ・DMT    ・エチレングリコール ・アクリロニトリル