close

2010年9月1日
MOT における技術マーケティングの考え方
“顧客創造” に必要な視点とは?
シニアリサーチフェロー MOTチーフディレクター
宮木 宏尚

【要点(Point)】
(1)いかに優れた技術を開発しても、これを生かすも殺すもマーケティング次第。ここにMOT の重要性がある。
(2)競争力をつけるためには、技術、マーケティング、マネジメントの間のコミュニケーションが重要。上手なコミュニケーションのためには、まず聞き上手になること。そして、最終的にはお互いの信頼関係の構築である。
(3)技術のイノベーションでは、先に技術開発を行ったものが成功するとは限らない。周辺技術やマーケットの立ち上がりを待つ忍耐力とブレイクする時期を逃さないマネジメント力が必要。
(4)技術の方向性を決定することがマーケティングの大きな役割であり、本来の目的。これが顧客創造につながる。マーケティング担当は、自社と顧客の両方の分野の技術トレンドを理解し、目標設定を行うことが求められる。
(5)死の谷にはたくさんの種(宝)が眠っていると考えるべきであり、これを活かすことで成功した例は多い。
(6)MOT では、虫の目(自分の特徴)、鳥の目(顧客・競合・補完などの広い視野)とともに時間の目が重要。常に競合技術の進化や想定外の事態に注目し、これを生かす組織能力が成功につながる。
(7)ビジネスに正解は存在しない。広い視野と色々なことへの好奇心で経営センスを磨くことが求められる。

PDF : 詳細(PDF:1,379KB)