close

2008年11月1日
上級MOT短期集中研修「戦略的技術マネジメント研修」について(第14回)
イラク復興支援活動における指揮官の経験を基にして
-「組織運営とリーダーシップ」-
シニアリサーチフェロー MOTチーフディレクター
宮木 宏尚

【要点(Point)】
(1)組織を効果的に機能させるためには、関係組織との間に、重要な情報の入手や協力が得られるような良好な関係を築くために、あらゆる手を打つべきである。軍隊組織では、これは安全の確保に繋がる。
(2)緊張が続くままでは、組織はうまく機能しない。うまく緊張を解く方法も学ぶべきである。「笑い」は、その効果的な方法の一つである。
(3)部下に対しては、明確な目標と評価が重要である。目標に対する遅れや達成度不足に対して柔軟にマネジメントしていくこともリーダーの重要な役割である。この時は、部下が自信を失い士気が下がらないような配慮が必要である。また、部下とのコミュニケーションで重要なことは、考えていることを何度でも繰り返して伝えることである。
(4)部下の士気を高い状況で維持するためには、上司が部下に対して常に関心を持っているということを意識させることが重要。また他の組織からの評価を伝えることも、士気を高めるには効果がある。
(5)ODAなど支援活動は、受ける側のニーズを的確に把握して行わないと、評価されないばかりか、反感を生む可能性さえある。

PDF : 詳細(PDF:599KB)