close

2014年6月1日
人材育成の視点
2014年度新入社員研修を振り返る
—「ワーキングシミュレーション」を中心に—
部長(人材開発部)
小西 明子

【要点(Point)】
(1)弊社グループの親会社である東レ株式会社の総合職新入社員導入研修では、昨年度より企業活動の一端を疑似的に体験する演習プログラム「ワーキングシミュレーション」を導入した。
(2)8~9名の班を研修企画会社の一部署と見立て、顧客の要望に基づき新入社員研修の企画~提案を行うもので、疑似的な仕事体験を通して、仕事の進め方の基本やビジネスコミュニケーションのポイントを実践的に学ぶことができる。
(3)企画を立てるには新入社員導入研修で自らが学んだことやその意味をあらためて考え、整理することが必要となるため、研修効果の定着も期待できる。

PDF : 詳細(PDF:1,110KB)