close

2018年10月30日
東レ株式会社
2019シーズン向けストレッチ素材販売戦略について
肌への密着性を高めたtrintee® スキンタイトタイプの販売開始

<2019年東レキャンペーンガール・松田紗和>

<2019年東レキャンペーンガール・松田紗和>

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、耐塩素水性ストレッチライクラ®ファイバーを用いたストレッチ素材trintee®(トリンティ®)シリーズの新たなバリエーションとして、肌への密着性を高めたスキンタイトタイプの本格販売を11月から開始します。遊泳水着や、ヨガなどのスポーツシーン向けアイテムなど、幅広いシーンへの展開を進め、2019年度に3万m、3年後の2022年度に10万mの販売を目指します。  昨今、インスタグラムなど画像や写真を共有するSNSの流行により、遊泳水着では見栄えのするタイプの人気が高く、特に、ブラジリアンタイプに代表される、ほどよく鍛えた下半身をキレイに見せる小さめのタイプに注目が集まっています。ブラジリアンタイプの水着は、ヒップを覆う部分の面積が一般的な水着よりも小さいため、スタイルが良く見える反面、動いたときの水着のずれが気になりやすいという声がありました。

<trintee<span>®</span> スキンタイトタイプ 生地裏面>

<trintee® スキンタイトタイプ 生地裏面>

 trintee® スキンタイトタイプは、肌に触れる面の繊維をループ状に配置しているため、肌と水着との摩擦力(密着性)が大きくなり、着用時のズレ上がりを抑えることができます。極細繊維を用いているため、ふんわりとした肌触りも特徴です。外側には再生ポリエステルの特殊加工糸を使用しており、水着らしい滑らかで美しい外観です。  また、少ない力で良く伸び素早くかつ弛まず元の状態に戻る伸縮性能を備えた耐塩素水性ソフトストレッチライクラ®ファイバーを使用しているため、心地良いフィット感が長続きし、締め付けによるストレスも軽減します。今後、優れた肌への密着性と耐塩素性を生かして、水着だけでなく、ブラトップや、若い女性に人気の各種トレーニングやヨガなどのスポーツシーン向けインティメイト・アイテムなど、幅広いシーンに提案してまいります。  東レは、中期経営課題“プロジェクト AP-G 2019”における全社プロジェクトの一つとして、東レグループのコア技術・要素技術や事業基盤を活用して、健康・長寿などに貢献する事業を拡大する「ライフイノベーション事業拡大(LI)プロジェクト」に取り組んでいます。  今後も、老若男女問わず、多くの方が快適にスポーツに取り組めるよう、高機能・高付加価値なスポーツ衣料向け素材の開発に注力してまいります。  trintee® スキンタイトタイプの詳細は下記の通りです。

Ⅰ.trintee® スキンタイトタイプ
1.商品特長:
(1)肌との摩擦力(密着性)を高め、着用時のズレ上がりを抑制した素材。
(2)肌面に極細繊維を使用し、ふわりとした肌当たりの良い素材
(3)表面に再生ポリエステルの特殊加工糸を使用し、水着らしい滑らかでフラットな素材。
(4)ライクラ®ファイバーによる優れたフィット感
2.技術概要:
(1)肌面に極細繊維をループ状に配置した特殊編み設計
(2)耐塩素水性ソフトストレッチライクラ®ファイバー
3.発売時期:2019年春夏シーズンから販売開始
<ブランドロゴ>
4.販売計画:2019年度  3万m
2022年度 10万m
5.ブランドロゴ:従来のtrinteeと同じ。
東レの水着素材は、優れた伸縮機能を有する繊維“ライクラ®ファイバー”を使用しています。東レの水着素材に使用される“ライクラ®ファイバー”は、プール水中塩素に対する高い耐久性があり、快適なフィット感が持続します。
“ライクラ®ファイバー”は、東レとインビスタ社の合弁企業である東レ・オペロンテックス社が、インビスタ社からのライセンスのもと、国内で製造・販売しています。 
*ライクラ®(LYCRA®)はインビスタ社の商標です。
以   上