close

2013年3月26日
東レ株式会社
深みのある黒の発色とソフトな風合いを持つ超黒色ナイロン糸
アミラン®BK の本格販売開始について

 東レ(株)(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下 東レ)は、この度、新製品の超黒色ナイロン糸アミラン®BK の本格販売を開始します。アミラン®BK は、深みのある黒の発色とソフトな風合いを持つとともに、あらかじめ黒色に着色しているため染色に要するエネルギーが不要で染色排水も発生させない、地球環境に配慮したナイロン糸です。当社は、アミラン®BK をタイツなど衣料用途を中心に、初年度100トン、3年後150トン販売する計画です。

アミラン®BK 使用 タイツ

アミラン®BK 使用 タイツ

 今回販売するアミラン®BK は、消費者ニーズが高い「高級感を持つ、深みのある黒色」の実現を目指し、黒色顔料の最適化を図ることで、一般に市販されている黒色ナイロン糸に比べ、タイツ編地にした場合の評価で深色性を約10%向上させ、より黒の深みを増すことに成功しました。  また、アミラン®BK は、ポリマー濾過・分散技術の最適化により単糸繊度を1.2デシテックスクラスの細繊度にし、また、高速製糸技術を適用することで仮撚り加工糸のバルキー性を向上させ、ソフトで心地よい肌触りを実現しました。  この超黒色ナイロン糸を使用した製品は、今まで表現が難しかった深みのある黒色で上品に洗練された外観を演出することができ、製品企画の幅を拡げることができます。  通常、繊維製品の製造時には染色工程を伴いますが、アミラン®BK は製織・編立加工後に黒色に染色する必要がなく、染色時のエネルギーが不要で染色排水を出さないため、従来のナイロン製品に比べCO2排出量を約12%低減させる効果を持つ地球環境に配慮した素材です。  黒色ナイロン糸の生産はナイロンポリマー中に黒色顔料を含有させるため、従来は顔料粒子の凝集により、単糸繊度の細い品種の安定生産が困難でした。今回、当社はナイロンポリマー中に黒色顔料を均一かつ高濃度に微分散させる技術を確立することで、ムラが無く深みのある黒色が表現でき、かつ単糸繊度が細いアミラン®BK の量産に成功しました。当社は、アミラン®BK の販売をまず4品種から開始し、お客様の様々な製品企画に応じて順次品種を増やしていきます。  東レは中期経営課題“プロジェクトAP-G2013"において、地球環境問題や資源・エネルギー問題を解決するグリーンイノベーション事業の拡大に取り組んでいます。当社は、アミラン®BK をグリーンイノベーション製品の一つとして位置付け、ナイロン長繊維事業における地球環境に配慮したナイロン糸の基幹ブランドとして広く訴求して参ります。東レは今後も、繊維のリーディングカンパニーとして、市場や消費者ニーズを的確に捉え、高機能・高感性繊維の創出を通じて、より快適な生活と持続可能な低炭素社会の実現に向けて貢献して参ります。 商品の詳細は次の通りです。





1.商品名:アミラン®BK
 
2.展開品種:4品種(22T-10F、33T-26F、56T-48F、78T-68F)
 
3.特徴: 
 (1)より深みのある黒色。
(2)単糸繊度1.2デシテックスクラスの細繊度、高速製糸技術を適用したことで仮撚り加工糸のバルキー性が向上し、ソフトで心地よい肌触りを実現。
(3)染色工程が不要なため、染色時のエネルギーが不要で、染色排水も発生させない。
 
4.販売計画: 
 2013年度 100トン
 2016年度 150トン
 
5.関連特許:2件出願済み(内1件外国出願)

以上