close

2013年6月20日
東レ株式会社
中国における高機能ポリプロピレン長繊維不織布の生産設備増設の決定について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)とToray Advanced Materials Korea Inc.(本社:韓国ソウル特別市、代表理事社長:金 相弼、以下「TAK」)は、このたび、中国における高機能ポリプロピレン長繊維不織布(以下「PPスパンボンド」)事業子会社 東麗高新聚化(南通)有限公司(本社:中国江蘇省南通市、董事長:李 泳官、以下「TPN」)の設備増設を決定しました。新設備の生産能力は年間約20千トンで増設後のTPNの生産能力は年間約78千トンとなります。増設設備の稼動開始は2014年12月を予定しており、増設後の東レグループのPPスパンボンドの生産能力は年間約141千トンとなります。  中国では生活様式の高度化により、乳・幼児用の紙おむつ市場が2012年の年間約140億枚から2020年の年間約380億枚へ急速に伸びることが予測され、大手衛材メーカーによる生産設備増設や中堅衛材メーカーによる新規進出が続いています。今回の生産設備増設は、中国市場での旺盛なPPスパンボンド需要の増加に対応すると共に、紙おむつ素材の高度化ニーズへの対応やコスト競争力の強化のために実施するものです。  中国、インド、ASEANを中心に、アジア全体の乳・幼児用の紙おむつ市場は、2012年の年間約290億枚から2020年には年間約650億枚への成長が見込まれており、アジアのPPスパンボンド需要は、2012年の年間約290千トンから2020年には年間約750千トンに拡大すると予測されます。東レグループではPPスパンボンドを、韓国、中国並びに本年6月に稼動したインドネシアの各生産拠点から、日本、韓国、中国、インド、ASEANなどアジアの各国市場向けに幅広く販売しており、今後のアジア各国でのPPスパンボンド需要増への対応と合わせ、紙おむつ素材の高度化ニーズに対応した商品の販売を進めることで、成長著しいアジア市場への事業拡大を推進して参ります。  東レは本年度を最終年度とする中期経営課題“プロジェクトAP-G2013”において、今後大きな経済成長が見込まれるアジアやその他地域の新興国の成長を取り込む「アジア・新興国事業拡大(AE)プロジェクト」に取り組んでいます。東レは持続的に事業収益拡大を実現する企業グループへの転換を目指し、今後とも成長するアジア・新興国市場に向けて積極的に事業拡大を推進して参ります。

TPN社 外観

TPN社 外観



<東麗高新聚化(南通)有限公司(TPN) 概要>

1.名称東麗高新聚化(南通)有限公司(TPN)
(英名:Toray Polytech (Nantong) Co., Ltd.)
2.事業内容ポリプロピレン長繊維不織布(PPスパンボンド)の生産・販売
3.所在地中国 江蘇省南通市
4.設立2006年11月
5.資本金88.2百万米ドル
6.出資Toray Advanced Materials Korea Inc.(TAK)
東レ株式会社
東麗(中国)投資有限公司(TCH)
50%
40%
10%
7.生産能力年産約58,000トン(増設後:年産約78,000トン)
8.増設設備の
  稼動開始
2014年12月(予定)

以上