close

2015年5月26日
東レ・メディカル株式会社
株式会社オーファンパシフィック
経口そう痒症改善剤「ノピコール®カプセル2.5μg」の発売について

 東レ・メディカル株式会社(本社:東京都中央区、社長:大志万俊夫、以下「東レ・メディカル」)と株式会社オーファンパシフィック(本社:東京都港区、社長:坪倉昭男、以下「オーファンパシフィック」)は、東レ・メディカルが製造販売承認を取得した、血液透析患者、慢性肝疾患患者における経口そう痒症改善剤「ノピコール®カプセル2.5μg」(一般名:ナルフラフィン塩酸塩)の販売を本日より開始しますのでお知らせいたします。 (製造販売元:東レ・メディカル、販売提携:オーファンパシフィック)  尚、「ノピコール®カプセル2.5μg」は、東レ・メディカル株式会社が医薬品として初めて製造販売する製品です。 血液透析患者、慢性肝疾患患者では全身の強い痒みが生じることが知られています。痒みの強い患者では夜間に十分な睡眠がとれないなど、生活の質(Quality of Life)が低下することがあります。「ノピコール®カプセル2.5μg」は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの既存治療で効果が不十分な血液透析患者、慢性肝疾患患者のそう痒症に対し有効性を示すものと期待され開発されました。 「ノピコール®カプセル2.5μg」の概略については下記のとおりです。

販 売 名
ノピコール®カプセル2.5μg
一 般 名
ナルフラフィン塩酸塩
効能又は効果
次の患者におけるそう痒症の改善(既存治療で効果不十分な場合に限る)
血液透析患者、慢性肝疾患患者
用法及び用量
通常、成人には、ナルフラフィン塩酸塩として1日1回2.5μgを夕食後又は就寝前に経口投与する。なお、症状に応じて増量することができるが、1日1回5μgを限度とする。
包 装
ノピコール®カプセル2.5μg
PTP 14カプセル(14カプセル×1)、
PTP 140カプセル(14カプセル×10)
製造販売承認取得日
2014年12月26日
効能追加承認取得日
2015年3月11日
薬価収載日
2015年5月20日
発 売 日
2015年5月 26日
薬価基準
2.5μg 1カプセル1,795.00円
14日処方制限
対象外
製造販売元
東レ・メディカル株式会社
販売提携
株式会社オーファンパシフィック
<参考>
1.「ノピコール®カプセル2.5μg」の特徴
 「ノピコール®カプセル2.5μg」は、東レ株式会社が創製したナルフラフィン塩酸塩を有効成分とするオピオイドκ(カッパ)受容体作動薬です。既存薬(抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬など)とは異なるメカニズムで痒みを抑制することから、既存薬で効果が不十分なそう痒症に対しても有効性を示し、血液透析患者、慢性肝疾患患者の生活の質(Quality of Life)向上に貢献するものと考えています。
2.血液透析患者、慢性肝疾患患者におけるそう痒症について
 血液透析患者、慢性肝疾患患者では全身の強い痒みが生じることが知られています。この痒みは複数の因子が関与すると考えられていますが、はっきりとした原因はまだわかっていません。この痒みは従来の痒みに対する治療薬(抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬など)では十分に抑えられないことが知られており、有効な薬剤の開発が望まれていました。
3.オピオイド受容体とは
 受容体とは細胞膜上に存在し、各種生理活性物質を特異的に認識して結合し、生体反応の引き金を引く部分です。受容体は体内に多種類存在し、その種類によって結合できる物質や、結合後にあらわれる薬理作用が全く異なってきます。オピオイドも受容体に結合して反応を示す物質の一つであり、その受容体がオピオイド受容体です。オピオイド受容体の発見当初は、オピオイド受容体は1種類であると考えられていましたが、その後の研究の進歩により現在はμ(ミュー)、δ(デルタ)、κ(カッパ)の大きく3種類の受容体に分類されることがわかっています。  
【会社概要】
東レ・メディカル株式会社
本 社
【住所】東京都中央区日本橋本町二丁目4番1号
社 長
大志万 俊夫(オオシマ トシオ)
資本金
1,333百万円(2015年3月末現在)
株式会社オーファンパシフィック
本 社
【住所】東京都港区芝浦一丁目1番1号
社 長
坪倉 昭男(ツボクラ アキオ)
資本金
100百万円(2015年3月末現在)
以 上