close

2017年10月25日
東レ株式会社
2018シーズン向け水着等ストレッチ素材販売戦略について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)と東レ・オペロンテックス株式会社(本社:東京都中央区、社長:寺嶋伸一、以下「東レ・オペロンテックス」)は、水着素材に代表されるストレッチ素材の販売拡大策を推進します。ストレッチ素材が持つ快適さを追求することで用途展開を図り、「人々の暮らしを、もっと豊かにすること」を目的に、ストレッチ・テキスタイルの新しい提案をいたします。  その第1弾の取り組みとして、ストレッチという機能にフォーカスした「The Stretch Workshop 2019 For Year-rounder」※1東レ ストレッチ ワークショップを、10月25日(水)~27日(金)の3日間、東レ本社25階大会議室にて開催します。  本展示会では、これまで、競泳・遊泳水着向け開発で培った様々な技術を応用し、水着だけではなく、インティメイト※2やスポーツアンダー、カジュアルウェアといった衣料用途や、クッションなどのインテリア用途まで、ストレッチという切り口から、様々な素材を提案して参ります。  ストレッチとは、テキスタイルが伸縮することで衣服の着心地を良くしたり、伸縮の強さをコントロールすることで身体の動きをサポートするなど、日常生活を豊かにするポテンシャル高い機能です。  東レ・オペロンテックスが製造・販売する“ライクラ®ファイバー”は、ストレッチ素材にこのような機能を与えるのに欠かせない素材です。即ち、用途に応じて適した伸縮機能を付与し、快適なフィット性と自由な動きが必要なボトムやシャツからスポーツウェアまで、幅広い種類の衣料に用いられ、快適な日常生活に不可欠な素材となっています。  元来、水着素材には、ストレッチをはじめ、UVカット、防透け、速乾、鮮やかな発色性といった東レが長年テキスタイル開発の中で培ってきた技術をふんだんに盛り込んでおり、それらの高い機能性は、水際の着用シーンに限らず日常生活に広く適用できるものです。今回、開催する「The Stretch Workshop 2019 For Year-rounder」では、水着素材の紹介に加えて、“ライクラ®ファイバー”を活用したストレッチ素材のバリエーションと、ストレッチという機能を横串とした幅広い用途展開をご覧いただくことで、様々なお客様のニーズにお応えしたいと考えています。  なお、水着素材は、ストレッチ素材の代表格であり、2018シーズン(2017年9月~2018年8月商戦)向けに、トレンドにマッチした素材の提案や、お客様とともに素材開発を進めてまいります。また、婦人遊泳水着のプロモーションでは、「2018年東レキャンペーンガール・夢乃」を起用して、ファッション水着の国内最大セレクトショップ」「三愛水着楽園」を展開するアパレルメーカー株式会社 Ai(アイ)と協働して販売拡大を進め、前年対比で販売増を目指します。

2018年東レキャンペーンガール 夢乃

2018年東レキャンペーンガール 夢乃

 東レは、今年4月から2019年度までの3年間で進める中期経営課題“プロジェクト AP-G 2019”に取り組んでおり、中でも基幹事業と位置づける繊維事業は、「事業競争力の更なる強化」を課題の一つに掲げています。  この度、ストレッチという機能にフォーカスした展示会を開催することは、機能を軸とした競争力の強化の一環と考えており、東レは今後も、長年培ってきた技術の応用と、世界に類のない新素材の開発に一層注力して参ります。

1.「The Stretch Workshop 2019 For Year-rounder」の出展素材について
 今回の展示会では、小さい力でしなやかに伸び、体の動きに追随する“プログレスキン®”のニューバージョンを提案します。“プログレスキン®”は、特殊な編成方法を採用することで、弱い力でよく伸び、いずれの方向に対しても均等な伸長性を持ち、伸長後の回復性にも優れた素材に進化を遂げました。その結果、あらゆる動きに対し、突っ張ったり、緩んだりする感覚を排除でき、ハイパフォーマンスのアスリートのみならず、一般ユーザーにも優れた着用感を与えます。また、 “ライクラ®ファイバー”を高混率で含有し、露出したポリウレタンの力で滑り止め効果を発揮する“ミルコット®”や、バイメタル構造のポリエステル繊維を用いて、適度なハリコシとしなやかなストレッチ性を両立させた“プライムフレックス®”の多彩なバリエーションなど、ストレッチ繊維を用いた新素材を提案します。
2.“ライクラ®ファイバー”について
 “ライクラ®ファイバー”には、「ポリウレタン繊維」と「PTT複合繊維」の2種類があり、それぞれの特長を活かす様々な用途に使用されています。ポリウレタン繊維は、伸縮性に優れており、元の長さの4~7倍もの長さに伸長し、緩めるとすぐに元の長さに戻る特性があります。また、PTT複合繊維は、ポリエステル繊維でありながら螺旋状のクリンプ(捲縮)により、従来にない高いストレッチを有する繊維で、薄地化、軽量化、イージーケア性、後加工や工業用洗濯に対する高い耐久性など、さまざまなメリットを持っています。

 東レの水着素材は、優れた伸縮機能を有する繊維“ライクラ®ファイバー”を使用しています。東レの水着素材に使用される“ライクラ®ファイバー”は、プール水中塩素に対する高い耐久性があり、快適なフィット感が持続します。
 “ライクラ®ファイバー”は、東レとインビスタ社の合弁企業である東レ・オペロンテックス社が、インビスタ社からのライセンスのもと、国内で製造・販売しています。 
*ライクラ®(LYCRA®)はインビスタ社の商標です。
注釈:
※1 :「The Stretch Workshop 2019 For Year-rounder」東レ ストレッチ ワークショップは、業界向け展示会のため、一般の方のご入場はご遠慮いただいております。
※2 :インティメイト : インナーやルームウェアなど肌に身につけるアイテムの総称。
以上