close

2017年4月26日
東レ株式会社
液晶ポリエステル(LCP)繊維 シベラスの開発について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、この度、液晶ポリエステル(LCP)繊維 シベラスを開発しました。今後、2017年度中に量産体制を整え、2018年度から販売を開始します。  今回開発した原糸は、東レが展開するLCP樹脂 シベラス®のポリマー技術と東レの製糸技術の融合により実現したもので、高強度、高弾性率、高寸法安定性を有するマルチフィラメントです。この特長を生かして、船舶・海洋ロープ、漁網といった水産資材用途をはじめ、産業資材分野全般に向けて販売し、2018年度に5億円、3年後の2021年度に10億円の売上高を目指します。

<LCP繊維 シベラス<span>™</span>>

<LCP繊維 シベラス

 LCP繊維は、高強度、高弾性率、高寸法安定性に加えて、低吸水性を有するため、特に水中での強度保持率が高いという特長があります。LCP繊維は、船舶・海洋ロープ、漁網や養殖向け資材といった水産資材用途を中心に需要が拡大しています。加えて、耐熱性、耐酸性、振動減衰性、耐切創性等の特性にも優れることから、広く産業資材用途での需要拡大も期待されます。  当社は1997年からLCP樹脂事業を展開しており、今般のLCP繊維の事業化により「ポリマーから繊維までの一貫生産体制」を有する世界唯一のLCP繊維メーカーとなります。  原料である東レのLCP樹脂は、紡糸温度領域での流動性に優れており、紡糸時の滞留安定性により、細繊度品から太繊度品まで、多様な品種を安定的に生産することが出来ます。  東レは、ポリマー・製糸技術の融合による幅広い製品開発力を強みとして、多様な産業資材分野へLCP繊維を展開していくとともに、これまで繊維事業で培った高次加工技術を活用し、新たな用途での需要創出を目指します。  東レは、長期経営ビジョン“AP-Growth TORAY 2020”において、東レグループが目指す企業イメージの一つに「先端材料の東レ」を掲げています。  東レは今後も、繊維事業で長年にわたり蓄積した技術力を活かした先端素材の開発に取り組み、合繊の新たな可能性を追求します。  LCP繊維 シベラスの詳細は下記の通りです。

1.商品名液晶ポリエステル繊維 シベラス
2.商品特長(1)高強度(20cN/dtex以上)
(2)高弾性率(500cN/dtex以上)
(3)高寸法安定性
(4)水中下での高い強度保持率
3.発売時期2018年度から
4.販売計画2018年度 5億円、2021年度 10億円
以上