close

2016年12月19日
東レ株式会社
世界最高水準の高い防汚性能と天然繊維の質感を兼ね備えた
防汚加工テキスタイル「テクノクリーン®EX」の販売開始について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺 昭廣、以下「東レ」)は、「汚れの付きにくさ」と世界最高水準の「汚れの落としやすさ」を両立した防汚加工テキスタイル「テクノクリーン®」の新たなバリエーションとして、短繊維を使用することで天然繊維が持つナチュラルでソフトな質感を兼ね備えた「テクノクリーン®EX」を開発し、2017年1月から販売を開始します。  今後、ユニフォーム用途をはじめ、ドレスシャツやデニム、チノ・パンツ等の一般衣料用途、布団カバーやシーツ等の寝装用途、カーテンやラグマット等のインテリア用途など幅広い用途に向けてグローバルに拡大し、2016年度に1億円、2020年度には10億円の売上高を目指します。  なお、「テクノクリーン®EX」はこの度、青山商事株式会社(本社:広島県福山市、社長:青山 理)の「エアービズ®企画 パーフェクホワイト®」ブランドのドレスシャツに採用が決まりました。「テクノクリーン®」シリーズとして、一般衣料用途での採用は今回が初めてです。  「テクノクリーン®」は、東レ独自のナノスケール加工を駆使し、防汚加工時に使用する薬剤の親水性成分(汚れの落としやすさ)と疎水性成分(汚れの付きにくさ)の混合バランスをポリマーレベルでコントロールするとともに、生地上に薬剤の被膜を形成させる際に、親水性と疎水性の成分を立体的に配置することで「汚れの付きにくさ」と、「汚れの落ちやすさ」のそれぞれの機能を最大限に発揮させる防汚テキスタイルです。ポリエステル100%といった単一素材を用いた長繊維テキスタイルで高い防汚性を発現することから、機能性が優先されるユニフォーム用途を中心に採用が進んできました。  しかしながら、これまで短繊維を使用したテキスタイルや複数の繊維素材を混用したテキスタイルでは、多様な表面形状やそれぞれの繊維の性質に合わせて、生地表面に薬剤の被膜を均一に形成させることは困難でした。  今回、薬剤の被膜形成プロセスにおいて、親水性ポリマーと疎水性ポリマーの立体的配置の均質化をナノレベルでより最適化することにより、被膜の偏在を抑制するとともに、多様な種類・形状の繊維素材との親和性を高め、均一な被膜形成に成功しました。これにより、綿をはじめとする天然素材との混用を含めた短繊維テキスタイルでも、従来の「テクノクリーン®」と同等の高い防汚性を実現することができ、従来のユニフォーム用途に加え、一般衣料用途など天然繊維のナチュラルでソフトな風合いが求められる各種用途へも幅広く展開が可能となりました。  なお、「テクノクリーン®EX」は環境残留性と生体蓄積性が知られているPFOA(パーフルオロオクタン酸)を含まない薬剤を使用しており、環境に配慮した素材です。  東レは、今後とも、高い機能性が求められるユニフォーム素材の開発で培った技術を駆使し、機能性に加え、高い快適性や感性を兼ね備えた製品の企画・展開を通じて、より良い社会の実現に取り組んでまいります。  「テクノクリーン®EX」の詳細は以下の通りです。

1.商品名 :「テクノクリーン®EX」(読み:テクノクリーンイーエックス)
2.商品特長:
(1)汚れの落としやすさと汚れにくさに加え、ナチュラルでソフトな風合いを実現。
(2)皮脂由来の黒ずみ、食品汚れ、泥汚れ、繰り返し洗濯による黒ずみなど日常生活の中で付着する汚れに効果を発揮。
(3)家庭洗濯50回後も十分な防汚性を保持。
(4)高い汚れ除去機能により、洗濯時に使用する水および洗剤の量、洗濯時間の削減が可能。
(5)環境残留性と生体蓄積性が知られているPFOA(パーフルオロオクタン酸)不使用。
3.技術概要:
繊維表面での薬剤被膜形成プロセスにおける、親水性ポリマーと疎水性ポリマーの立体的配置の均質化と、被膜形成の偏在抑制により、綿をはじめとする天然素材との混用を含めた短繊維を使用したテキスタイルでも高い防汚性を実現。
4.発売時期:2017年春夏シーズンより販売開始
5.販売計画:2016年度 1億円
2020年度 10億円
以上
<ご参考>
「エアービズ®企画 パーフェクホワイト®」の概要
1.展開ブランド名「Mr.JUNKOⅡ世(スタイリッシュ)」
2.スタイル長袖(ショートレギュラー)
3.素材ポリエステル80%、綿20%
4.機能防汚/ストレッチ/UVカット/スーパーイージーアイロン
5.カラーホワイト/ブルー/パープル/ブラック
6.サイズM~LL(首周り 37~43センチ)
7.販売価格4,900円(税別)
8.販売店舗洋服の青山 250店舗よりスタート
洋服の青山オンラインストア(http://store.y-aoyama.jp/
以上