close

2018年12月6日
東レ株式会社
マレーシア子会社におけるABS樹脂 トヨラック®の生産能力増強について

 東レ株式会社(所在地:東京都中央区、社長:日覺昭廣)は、この度、Toray Plastics (Malaysia) Sdn. Berhad(本社:マレーシア・ペナン州、社長:大村昭洋、以下「TPM」)で製造・販売するABS樹脂トヨラック®の生産能力増強を決定しました。世界シェアナンバーワンの地位を確立している透明グレードの拡販に向けて、年産75,000トンの生産設備を増設し、2020年11月の稼働開始を目指します。これにより、TPMの生産能力は年産425,000トンとなり、既存の東レ千葉工場とあわせて東レグループ全体の生産能力は年産497,000トンまで拡大します。  ABS樹脂は、アクリロニトリル、ブタジエン、スチレンからなり、軽さ・強さ・美しさを合わせ持つ加工性に優れたプラスチックで、工業用品から家庭用品まで非常に幅広い用途に使用されています。2017年のABS樹脂全体の世界需要は850万トンで、中国やアセアン、新興国の需要増により、年率3%の安定成長が見込まれます。特に、透明ABS樹脂や、耐熱性や耐薬品性などの機能が付与された高機能ABS樹脂の世界需要は200万トンと推定され、家電・OA・自動車・玩具など幅広い用途における高機能化要求の高まりにより、年率4%以上の成長が予測されます。 当社はABS樹脂の拡大する需要を確実に取り込むために、独自の連続重合生産プロセスによるコスト競争力の高さや品質安定性から、世界シェアナンバーワンの地位を確立しているトヨラック®透明グレードの生産能力の増強を決めました。  東レグループのABS樹脂トヨラックは、トヨラック®汎用グレード、トヨラック®透明グレード、制電グレード、耐薬品性向上グレード、耐傷性向上グレード等のトヨラック®高機能グレードを取り揃えています。マザー工場である千葉工場では、医療用透明ABS樹脂などの一層の高機能ABS樹脂主体の品種構成へシフトするとともに、今回のマレーシアでの増強により、主な販売先である中国、アセアン市場に加えて、欧米やインド市場への参入と用途拡大を加速してまいります。  東レは、中期経営課題“プロジェクトAP-G2019”の基本戦略の一つとして「グローバル事業の拡大と高度化」を推進しています。今後も日本国内のABS樹脂生産拠点である千葉工場とマレーシア生産拠点であるTPMの有機的な連携をさらに強化し、グローバルな事業拡大を強力に推進してまいります。

<Toray Plastics (Malaysia) Sdn. Berhad(TPM)概要>
1. 会社概要Toray Plastics (Malaysia) Sdn. Berhad
2. 事業内容ABS樹脂の製造・販売 およびPBT樹脂等の販売
3. 本社所在地マレーシア・ペナン州
4. 設立1990年7月
5. 代表者(社長)大村 昭洋
以上