close

2011年7月11日
東レ株式会社
「繊維グリーンイノベーション事業」の拡大を加速
戦略推進体制を構築 2013年度に売上高930億円

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:日覺昭廣 )は、このたび、繊維事業における「グリーンイノベーション事業」の拡大戦略を策定しました。当社は同戦略のもと、本年6月に専任組織を新設し、2013年度に繊維事業における「グリーンイノベーション製品」の売上高を930億円に拡大することを目指します。  東レは、本年4月からスタートした新中期経営課題“プロジェクトAP-G 2013”において、成長著しい分野および地域での事業拡大を目指す中、その実行策のひとつとして、地球環境問題や資源・エネルギー問題に対するソリューションを提供する「グリーンイノベーション事業拡大(GR)プロジェクト」をグループ横断で推進しています。  当社は「基幹事業」である繊維事業において、この「GRプロジェクト」を確実に推進し、さらなる事業成長と収益拡大を図るため、本年6月1日付けで「繊維グリーンイノベーション室」を新設しました。同室は、繊維事業における「グリーンイノベーション事業」の成長戦略立案、事業企画・事業化推進、および各事業部で展開中の「グリーンイノベーション事業」の支援を通じて、当社繊維事業の“グリーンイノベーション”を推進していきます。なお、この組織の新設により、従来のポリ乳酸(PLA)繊維の事業統括・マーケティング機能、および繊維リサイクル事業の機能についても、同室に統合しました。  東レは、地球環境問題や資源・エネルギー問題の解決に直接的、または間接的に貢献する「グリーンイノベーション製品」を9つのテーマに分類しています。繊維事業についてはそのうち7テーマで製品展開し、2010年度は前期比33%増の679億円を達成しました。当社は今後、省エネルギーに貢献する暖か素材や清涼素材、バイオマス由来の3GTやPLAなどを重点とした「グリーンイノベーション事業」の拡大、および新製品の開発・事業化推進をそれぞれ加速し、同売上高を“プロジェクトAP-G 2013”の最終年度にあたる2013年度に930億円、将来的には2020年近傍に1,300億円超を目指します。  東レおよび東レグループは、長期経営ビジョン“AP-Growth TORAY 2020”に基づき、地球環境問題や資源・エネルギー問題を解決し、脱石油資源の潮流を捉え、「ケミストリーの力」を駆使して「グリーンイノベーション事業」をグローバルに展開し、持続可能な低炭素社会の実現に貢献するとともに、持続的に事業収益拡大を実現する企業グループを目指して参ります。


以上

<ご参考>

1. 「グリーンイノベーション製品」

原材料から、製造、使用、廃棄にわたる製品のライフサイクル全体において、地球環境問題や資源・エネルギー問題の解決に直接的又は間接的に貢献する以下の9項目(※)のうち、そのどれかを達成するか、または達成のために重要な役割を果たす製品。
(※)地球環境問題や資源・エネルギー問題の解決に貢献する項目区分(9項目)
(1)省エネルギー(GHG(温室効果ガス)削減に限定)、(2)新エネルギー、(3)バイオマス由来、(4)水処理
(5)空気浄化、(6)環境低負荷(GHG以外の環境負荷)、(7)リサイクル、(8)プロセス革新、(9)その他

2. 繊維事業における「グリーンイノベーション製品」例

(1)省エネルギー:
 暖か素材、清涼素材
(2)新エネルギー:
 ハイブリッド車及び電気自動車モーター用PPS結束糸
(3)バイオマス由来:
 3GT繊維、PLA繊維、熱可塑性セルロース繊維、バイオベースナイロン
(4)水処理:
 RO膜基材用不織布
(5)空気浄化:
 バクフィルター用PPS繊維、エアフィルター用不織布
(6)環境低負荷:
 難燃ポリエステル長繊維
(7)リサイクル:
 PETリサイクル(ケミカル、マテリアル)、ナイロン6ケミカルリサイクル

繊維事業における「グリーンイノベーション製品」の売上高推移

繊維事業における「グリーンイノベーション製品」の売上高推移

以上