close

2020年4月30日
東レ株式会社
令和2年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞開発部門受賞
「有機EL絶縁膜用ポリイミドコーティング剤の開発」

 東レ株式会社(所在地:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、 『有機EL絶縁膜用ポリイミドコーティング剤の開発』について、文部科学省より「令和2年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞開発部門」を受賞しました。  この度の受賞は、東レが長年培ってきた感光性ポリイミド技術を深化させ、有機ELディスプレイの発光信頼性と同パネルの生産性を著しく向上したポジ型感光性ポリイミドの開発が評価されたものです。  有機ELディスプレイは、薄型、軽量、動画表示に優れ、テレビやスマートフォンなどへの搭載が急拡大しています。有機ELディスプレイの部材である有機EL発光層は、水分や不純物ガスに極めて敏感で劣化し易いため、アウトガス発生の極めて少ない長期信頼性に優れる画素分離絶縁層が必要不可欠です。また、有機ELディスプレイを大量生産するには、フラットパネル生産工程で同絶縁膜を少量で塗布できるスリットダイコーティング法1)が適していますが、従来のポリイミドコーティング剤では塗布ムラなどの外観品位が悪いことから、スリットダイコーティング法で塗布ができて、かつ外観品位に優れたポリイミド塗膜の形成ができるポリイミドコーティング剤の開発が課題でした。  東レは、化学的に安定で耐熱性に優れるポリイミド材料技術を深化させ、ポリイミド前駆体樹脂、感光剤および溶剤から成るポリイミドコーティング剤に、低沸点溶媒と高沸点溶媒を特定比率で混合する新たな溶媒設計を適用することで、高い信頼性と量産性を両立した有機EL絶縁膜用ポリイミドコーティング剤を開発しました。  本開発品は、従来のスピンコーティング法2)用ポリイミドコーティング剤と比べ、1回当たりの塗布量を10分の1で生産することができます。外観品位に優れたポリイミド塗膜の形成が可能となり、商業ベースでスリットダイコーティング法用感光性ポリイミドを世界で初めて実現し、広く採用されています。  今回受賞した本成果は、有機ELディスプレイの大量生産と普及拡大に貢献すると同時に、塗布廃液ロスの劇的な削減を実現しており環境調和に寄与しています。また有機ELディスプレイはフレキシブル化が可能である利点を活かして、折り曲げ型端末、ウエアラブル端末、車載用途など、今後多彩な曲面デザインの実現による市場拡大が期待されています。  東レは本業績で培った感光性ポリイミド技術をさらに深化させ、有機ELディスプレイの更なる普及と社会の発展に貢献してまいります。

以 上
<語句説明>
1)スリットダイコーティング法:
ガラス基板に代表される長方形基板へのコーティングに適した塗布方法。長方形基板の長辺または短辺と等しい長さのスリットダイノズルを用い、基板上にノズルを接近させ、基板とノズルを平行移動させながら塗液を吐出しコーティングする方法。基板サイズは最大10m2程度まで対応可能。
2)スピンコーティング法:
シリコンウエハに代表される円形基板へのコーティングに適した塗布方法。基板中央に塗液を滴下し、基板を回転させながら基板全体へ塗り広げるコーティング方法。基板サイズは0.5m2以下が一般的。