close

2017年10月17日
東レ株式会社
セル方式X線シンチレータパネルの開発について
-高精細隔壁形成技術により高鮮明なX線画像を実現-

 東レ株式会社(所在地:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、この度、高精細隔壁形成技術※1により、高鮮明なX線画像を実現するセル方式X線シンチレータパネル※2を開発しました。  本開発品を、X線非破壊検査やマンモグラフィーのX線検出器のX線検出部に用いることにより、従来品と比較して、2~4倍鮮明なX線画像を得ることが可能となるため、電子部品、航空機用部品、リチウムイオン電池等の微小欠陥・異物の検知による製品安全性の向上や乳がんの早期発見に貢献することが期待されます。  一般的なX線検出器は、入射したX線をX線シンチレータパネルで可視光に変換し、その可視光をセンサー画素が検知して画像データ化します。従来のX線シンチレータパネルでは、X線から変換された可視光が全方向に拡がり、広範囲のセンサー画素で検知されてしまうため、結果的にX線画像が不鮮明になるという課題がありました。  そこで、今回東レは、プラズマディスプレイ背面板隔壁形成技術で培った高精細隔壁形成技術に加え、隔壁内へのシンチレータ材料の均一充填技術、および光利用効率向上技術を構築し、X線シンチレータパネルをセンサーの画素サイズに区画し、可視光の拡がりを抑えることによって、非常に鮮明なX線画像を得ることに成功しました。  東レは、セル方式X線シンチレータパネルの開発に先立ち、隔壁で区画されていない従来タイプのX線シンチレータパネルである高輝度蛍光体プレートの量産化を2016年度より開始し、医療用の一般X線撮影用途に採用されています。さらに、今回開発したセル方式X線シンチレータパネルを、リチウムイオン電池の微小異物検知など製品安全性の向上に貢献するX線非破壊検査用途や、乳がんの微小石灰化の早期発見に貢献するマンモグラフィー用途への採用を進めていくことで、X線シンチレータパネル事業の拡大を目指して参ります。  なお、本研究の成果は、本年10月30日~11月2日に米国テネシー州ナッシュビルで開催される世界最大規模の非破壊検査学会(ASNT Annual Conference 2017)、及び11月26日~12月1日にイリノイ州シカゴで開催される米国放射線学会(RSNA 2017)に展示する予定です。また、産業用X線非破壊検査に関する本研究の一部は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「エネルギー・環境新技術先導プログラム」の委託事業を受け、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)と共同開発を進めています。  東レは、企業理念である「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」を実現していくため、社会を本質的に変える革新素材の創出に取り組み続けて参ります。

以上
【用語説明】
1)高精細隔壁技術感光性ガラスペースト法により、高精細隔壁を1回のフォトリソグラフィープロセスで形成する方法で、当社の独自技術。
2)X線シンチレータパネルX線等の放射線によって励起され、蛍光(シンチレーション)を発光する物質であるシンチレータをパネル状にしたX線撮影装置の部材。酸硫化ガドリニウム、ヨウ化セシウム等が一般的に用いられる。