close

2020年9月9日
東レ・ディプロモード株式会社
濡らして涼しく、かつ濡れ色(*)・生地透けが目立たない高機能衣料品
「水を纏う」Tシャツのクラウドファンディングでの発売開始について
(*「濡れ色」・・水(汗)を含んだ部分だけ生地の色が濃く見える現象)

 東レグループのアパレル事業会社である東レ・ディプロモード株式会社(本社:東京都中央区、社長:加藤靖樹、以下「東レ・ディプロモード」)は、このたび、濡れた生地が乾く際の気化熱冷却効果を利用して、優れたクーリング性能を発揮する「水を纏う」Tシャツを開発しました。
 この高機能衣料品「水を纏う」Tシャツを、㈱マクアケの運営するクラウドファンディングサイト「MAKUAKE」にて販売します。目標金額を30万円として9月10日(木)から募集を開始し、応募いただいた方に\6000/枚(税別)にて商品のリターンを実施します。


 東レ・ディプロモードは、このたび、東レグループの先端技術を駆使した迅速な最終製品の商品化を実行するD2C(Direct To Consumer)プロジェクト「MOONRAKERS」を新たに立ち上げました。
 「MOONRAKERS」は、東レ・ディプロモードが持つアパレル商品店頭情報や消費者ニーズを元に、日本国内繊維企業様と東レグループのノウハウを活かし、原糸・生地製造から縫製までの全てのものづくりを日本国内で行う完全なMade in Japanプロジェクトです。
 先端開発技術を投入した“従来にない新しい商品”を、“従来にないスピード”で開発・上市し、消費者にダイレクトにお届けすることで、商品を通じ、より快適な生活を提案することを目指します。

「水を纏う」Tシャツ
 プロジェクトの第1段となる「水を纏う」Tシャツは、東レグループが長年の繊維事業で培った先端技術により開発された、特殊な素材や編地設計を用いた商品です。
 暑さに対して水の熱伝導性の高さや気化熱冷却効果を用いて涼感を得ることは、古来より打ち水や水遊びなど生活の一部として生活に定着しています。しかしながら、衣服においては、水を含むことは肌面へのべたつきや濡れ色・生地透けなどの不快感を生むことがあります。
 今回開発した「水を纏う」Tシャツは、濡れることによりその機能を最大限発揮しますが、通常のTシャツに使われるような綿やポリエステル素材のように、濡れたことによってその部分が濃く見えたり(濡れ色)、生地が透けるような現象が目立たず、かつ、特殊な編み構造により生地が水分を含んだ状態でも肌がベタつきにくくサラッとしており、濡れた状態でもそれを感じにくい特徴があります。また、暑い時期に気になりがちなUVカットや消臭機能も付与しています。
 真夏の酷暑は年々その激しさを増し、冷房など空調を使えない環境では人体に危険を及ぼす水準となっています。東レグループはそうした環境の変化を踏まえ、発生している問題に対し、先端技術を使用した今回の新しい着用コンセプト商品の展開を迅速に進めていくことで、ソリューションを提案していきます。
 東レグループは今後も、革新技術・先端材料の提供によって、人々のより快適な生活の実現に向け貢献してまいります。

【MAKUAKE様 クラウドファンディングについて】
(1)アクセスURL:https://www.makuake.com/project/moonrakers-t/
(2)目標金額:\300,000
(3)期間:2020年9月10日~9月28日まで(19日間)
(4)商品販売価格:\6,000/枚(税抜)
(5)カラー: 白、グレー、黒
(6)サイズ:XS、S、M、L、LL(ユニセックス)
(7)購入方法:クラウドファンディングに応募いただき、リターンとして商品を入手。
【商品の機能性、特徴】
(1)優れた吸水・速乾機能により、濡らすことでクーリング機能を発揮
水分を付与したり汗をかくことにより濡れた商品が素早く乾く事で、水分が蒸発する際の気化熱冷却効果により、クーリング効果を発揮する。
(2)肌面をドライに快適に保つ
特殊原糸と3D編地構造設計により、濡れた状態でも肌面をドライに保つ。
(3)濡れ色が目立たない
特殊内部構造原糸による光学効果で、生地が水分を含んでも見えにくい。
(4)生地透けが起こりにくい
特殊内部構造糸による高い防透け効果を持ち、生地が吸水した状態でもその効果を保持する。
(5)太陽光下での衣服内温度上昇抑制効果
特殊内部構造原糸による高い太陽光遮蔽効果で、熱を衣服内に通さず衣服内温度上昇を抑制する。
(6)高いUVカット効果
特殊内部構造原糸による高い紫外線遮蔽効果で、有害な紫外線をカットする。
(7)消臭
汗などの臭い成分に対応する消臭加工により、不快な臭いの発生を抑制する。
<ク―リング効果>
気化熱を吸収することにより、比較品の綿と比較し高いクーリング効果を発揮している。
※ヒートロス値が高い=クーリング効果が高い

測定方法:
水分を滴下した生地が乾燥していく工程で、気化熱吸収効果を発揮すると、熱板の熱を吸収し、熱板が30℃を保持する為に電力が多くかかる。
<濡れ色が目立たない>
特殊内部構造原糸による光学効果で、生地が水分を含んでも、濡れた部分が見えにくい。

試験方法:
マネキンに着せたTシャツに、霧吹きで同量の水分を噴霧し、濡れ色の変化を検証。
以 上