close

2018年6月18日
東レ株式会社
当社関係会社タイ・トーレ・シンセティクス社、
ベトナムにおける樹脂事業駐在員事務所の設立について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺 昭廣、以下「東レ」)は、このたび、拡大するエンジニアリングプラスチック需要の取り込みを図るため、ベトナムにおける樹脂事業のマーケティング拠点として、当社タイ法人のタイ・トーレ・シンセティクス(Thai Toray Synthetics Co., Ltd. 略称:「TTS」)の駐在員事務所をハノイ市に設立し、2018年6月より活動を開始いたしました。  ベトナム経済は、2014年に国民一人あたりのGDPが2,000USドルを超え、今後も安定して6%以上の経済成長が見込まれる有望な市場です。チャイナプラスワンの動きも加速しており、日系OAメーカー、自動車部品メーカー、韓国系家電メーカー等、中国からの生産移管が今後も進むことが予想されます。また、同国の経済成長に伴い、製造拠点のみならず、消費国としても益々重要度は増してくると考えています。  当社は、今回の駐在員事務所設立により、現地における顧客ニーズへのスピーディーな対応や各種課題の早期解決を通じ、伸び行くベトナム市場において、当社エンジニアリングプラスチック(ナイロン樹脂、PBT樹脂、PPS樹脂)のより一層の拡販を目指します。  東レは、中期経営課題"プロジェクト AP-G 2019"における基本戦略の一つとして、「グローバルな事業の拡大と高度化」を推進しており、今回のベトナムでの樹脂事業駐在員事務所設立もその一環です。今後も大きな経済成長が見込まれるアセアン地域でのさらなる事業拡大を進め、当該国・地域の経済発展に貢献しながら、東レグループ樹脂事業の持続的な成長を図ってまいります。

以上
ベトナム樹脂事業駐在員事務所の概要
1.名 称Thai Toray Synthetics Co., Ltd. 
Vietnam Representative Office
2.設 立2018年6月
3.所 在 地ベトナム社会主義共和国ハノイ市
4.事業内容ベトナムにおけるエンプラ市場調査
<ご参考>
タイ・トーレ・シンセティクスの概要
1.名 称Thai Toray Synthetics Co., Ltd. (略称:TTS)
2.設 立1991年4月
3.所 在 地タイ王国バンコク市
4.代 表 者奥村 由治 (社長)
5.事業内容N-FY、P-FYの製造・販売、
ナイロン樹脂・PBT樹脂・PPS樹脂コンパウンドの製造・販売、
蒸着フィルム(CPP・PET)および無延伸PPフィルムの製造・販売