close

2020年8月4日
東レ株式会社
2020年度 SID(The Society for Information Display)における
"Display Industry Award : Display Component of the Year"受賞について

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺 昭廣、以下「東レ」)は、液晶ディスプレイ用部材「Spectrum Conversion by Organic phosphor sheet」(以下「SCOシート」)について、SID(The Society for Information Display:国際情報ディスプレイ学会)1)における"Display Industry Award : Display Component of the Year"を受賞しました。この度の受賞は、世界で初めて有機発光材料を用いて液晶ディスプレイの高色域化に貢献できる、毒性元素を含まない環境調和した技術を創出したことが評価されたものです。  従来の液晶ディスプレイは、赤や緑の発光に無機蛍光体が使用されていました。無機蛍光体は、耐久性は良いものの、発光スペクトル2)幅が広いため色純度が低下する課題があり、ディスプレイとして表現できる色域には限界がありました。

 これに対し東レは、これまで有機EL用発光材料開発で培った分子設計、合成、精製技術を活用し、従来の無機蛍光体に対し、シャープな発光スペクトルを示す高色純度の赤色および緑色の有機発光材料を開発して参りました。有機発光材料は耐久性の向上が課題でしたが、当社独自の発光材料分子設計により、実用化に耐えうる耐久性の確保に成功しました。

SCOシート

 これらの有機発光材料を用いて開発した液晶ディスプレイの高色域化に貢献できるSCOシートは、DCI規格(Digital Cinema Initiatives)3)と呼ばれる色域規格、Adobe規格4)と呼ばれる色域規格のカバー率について、どちらも99%以上の両立が可能です。その結果、従来ディスプレイに比べて、より色鮮やかな表示が可能となります。また、有機材料で構成されているため、重金属のような毒性元素も含まれておらず、環境にやさしいディスプレイ部材です。

 ディスプレイ技術は年々進化を遂げており、4K、8Kといった映像における画面解像度の高解像度に加えて高色域化も要望されており、ハイエンドディスプレイの市場もますます拡大していくと予測されています。
 東レは本業績で培った有機光機能材料分子設計技術をさらに深化させ、有機材料の新たな可能性を切り拓き、企業理念である「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」の具現化に取り組んで参ります。

以 上

当社有機発光材料

SCOシートを使用したディスプレイ
<語句説明>
1)SID(The Society for Information Display:国際情報ディスプレイ学会):
1962年に設立された世界最大の電子ディスプレイ装置に関する学会で、ディスプレイ業界において最も権威を有しており、多数のディスプレイパネル、装置、部材、材料の研究者、技術者が集う学会です。"Display Industry Award : Display Component of the Year"はSIDで選抜された有識者によって、年度ごとに、ディスプレイ産業の発展に最も貢献したと判断された部材に与えられる名誉ある表彰です。
2)発光スペクトル:
光の波長に対する光強度の分布を示すもののことで、その幅が広ければ、さまざまな色(波長)の光が混合していることになり、色純度が低くなります。発光スペクトルの幅が狭ければ、単色光に近づき色純度が高くなります。
3)DCI規格(Digital Cinema Initiatives):
デジタルシネマの規格を統一するために、デジタルシネマの映写および配給に関する
技術仕様の制定を目的として、2002年3月に設立された団体(DCI)が提唱した規格。
4)Adobe規格:
アドビシステムズ社が提唱した規格。