close

2012年12月5日
東レ株式会社
バルキー&エアリー・マテリアル“エアリッシモ®”を発売
~ 厚みがあるのに軽く、豊かな表情 ~

 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下 東レ)はこのたび、肉厚でハリ・コシのあるボリューム感(バルキー)を持ちながら、衣料品にした際には軽やかな着心地(エアリー)を実現し、さらには生地表面の織・編組織の陰影や凹凸が豊かな表情をもたらすナイロン長繊維テキスタイル“エアリッシモ®”を開発しました。  秋冬物のコートやジャケットなど、構築的なシルエットが求められるファッションアウター衣料用途を中心に、2013年秋冬シーズン向けから販売を開始します。販売価格は1,500円/m~2,500円/m(120cm~148cm幅、アパレル入り価格)、販売計画は、レディスおよびメンズのアウター衣料向けを主軸としながら、ドレスやスカートなどレディスアイテム向けのバリエーションも取りそろえ、初年度2千疋(1疋=約50m)、3年後には1万疋を計画しています。  “エアリッシモ®”は、新設計の極太高異形断面ナイロン長繊維を採用しています。標準的なファッション衣料用テキスタイルに使う繊維に比べ約4~5倍の太さを持つこのナイロン長繊維は、高異形Y型断面糸あるいは高異形Y型中空断面糸であり、かつ特殊捲縮付与加工技術の適用により断面形状を極力維持しながら特殊な捲縮加工を施すことで、繊維間に空隙を生み出し、テキスタイルにした際のボリューム感をもたらします。また、この特殊繊維の特徴を最大限に発揮するためのテキスタイル設計技術と長年培ってきた染色・後加工技術を駆使することで、ハリ・コシと軽量感を実現するとともに、太い原糸で構成された織・編組織の陰影や凹凸による表情豊かな外観の表現に成功しました。  これらの特殊技術の組み合わせにより、秋冬物のコートやジャケットに使用されるウール素材に比べ、見かけの比重を最大で約25%軽量化することに繋がりました。さらにはナイロン長繊維の特徴であるしなやかさや優れた強度も有しており、軽やかな着心地と耐久性をいずれも実現した新素材となりました。  近年、ファッション衣料の世界では、より細く繊細な糸、より軽く薄いテキスタイルを目指した素材開発が進められてきましたが、2013年秋冬シーズンのレディスファッションでは、組織や凹凸感、色柄など素材の表面効果を活かした、シンプルな構築的シルエットや丸みのある曲線ラインがトレンドとして注目されています。このような流れから、素材においてはボリューム感やハリ・コシといった要素が重要視されるようになってきました。  “エアリッシモ®”は、肉厚なボリューム感と適度なハリ・コシが、クチュール的なカッティングと技巧を活かして新鮮なシルエットを表現します。また、天然繊維や化学繊維との複合によって、さらに意匠性の高い異色効果の表現も可能になり、クラシックなエレガントからモダンなモードまで、幅広いファッションのテイストを演出します。  東レは“エアリッシモ®”を、ファッションテキスタイル展開におけるマーケティング&マーチャンダイジングコンセプト「PRIDE of GOUSEN」の新たな領域を開く素材として、今後もグローバルに展開を進めてまいります。  “エアリッシモ®”の概要は下記のとおりです



1.商品名“エアリッシモ®”
 (英文表記 AIRLISSIMO®)
 
2.商品特長 
 (1)肉厚なボリューム感
(2)適度なハリ・コシ
(3)軽量で快適な着心地
(4)生地表面の組織の陰影や凹凸による豊かな表情
(5)優れた着用耐久性
 
3.技術内容 
 (1)新たに開発したボリューム感・軽量性が得られる極太繊度異形断面ナイロン長繊維
   ・ 高異形Y型断面、高異形Y型中空断面を得る高度な紡糸・製糸技術
   ・ 高異形断面を維持しつつテキスタイルのボリューム感を得るための特殊捲縮付与加工技術
(2)テキスタイル設計と染色・特殊後加工技術の適用
   ・特殊繊維の特徴を活かした適度なハリ・コシと軽量感、陰影や凹凸のある外観を実現
 
4.特許出願関連特許含め5件出願済み
 
5.販売計画 
 (1)販売数量
   初年度    2,000疋
   3年後    10,000疋
(2)販売価格
   1,500円/m~2,500円/m(120cm~148cm幅、アパレル入り価格)
(3)展開用途
   婦人および紳士衣料用途(ジャケット、コート、ドレス、スカート等)

以上