close

2019年11月26日
東レ株式会社
リサイクルPET原料を用いたPrimeflex®の開発について
 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)はこのたび、しなやかなストレッチ性を特長とする機能素材「Primeflex®」に、新たにリサイクルPET原料を用いた環境配慮型シリーズを加え、2021年春夏シーズンから展開します。リサイクル原料を活用したバイメタル構造の実現により、優れたストレッチ性とストレッチバック性はそのままに、構成成分の半分以上(約68%)を環境配慮型原料化することに成功しました。今後、アクティブスポーツ用途からライフスタイル用途まで、織・編物を含めた幅広いテキスタイルとして展開していく計画です。販売目標は、初年度10,000反、3年後には60,000反を目指します。

 Primeflex®は、2つの異なる成分がバイメタル型に配された原糸を用いることで優れたストレッチ特性を発現します。東レはこれまでにバイメタル型ストレッチ原糸として、ライクラT400®ファイバー(PTT/PET複合糸)、PBT/PET複合糸、Nylon複合糸を開発し、用途に応じたバリエーション展開を図ってきました。
 今回の開発は、サステナビリティに配慮したPTT/PET複合糸の更なる環境配慮高度化を目標に実施したものです。もともと部分植物由来であるPTT(ポリトリメチレンテレフタレート)と、通常廃棄される工程屑をリサイクルしたPET原料を組み合わせることで、構成成分の約68%を環境配慮型素材とした、環境にやさしいストレッチ原糸を実現させました。本原糸は、バイメタル型に張り合わされた2種ポリマ-の特性差によりストレッチ性を発現します。従来、一般的なリサイクルPET原料では、優れたストレッチ性の発現が困難でしたが、東レのポリマ-品質制御技術と紡糸技術の組み合わせにより、リサイクルPET原料でもストレッチ性をバージンPET同様レベルに維持した、新しい環境配慮型Primeflex®の開発に成功しました。

 スポーツテキスタイルにおいて高機能ストレッチ性はもはや必須ともいえる機能性です。東レは、機能性レベルは損なわず、特に昨今、ユーザーからの要望が高いサステナビリティへの配慮を要素として加え、素材の観点から開発を進めています。このたび開発した環境配慮型Primeflex®は、あらゆる日常シーンに対応できる新素材として、日本国内のみならず、グローバル市場に向けて広く展開してまいります。

※ライクラT400®(LYCRA T400®)は、The LYCRA Companyの商標です。
今回開発した環境配慮型Primeflex®の概要は、次のとおりです。
1.特長(1)体の動きに追従する高いストレッチ性
(2)きめ細やかな表面感とスムーズな肌触り 
(3)ソフトでしなやかな風合い
(4)リサイクルPETを使用したエコ素材
2.技術ポイント(1)従来Primeflex®同等の優れたストレッチ性(伸び、回復性)を発揮させるリサイクルPETポリマ-の品質制御技術
(2)布帛設計・加工技術による従来Primeflex®同等のテキスタイル品位
3.発売時期2021年春夏シーズンより
4.展開用途スポーツ・カジュアル用途、 婦人・紳士衣料用途
5.販売計画初年度(2020年度)  500千m (10,千反)
3年後(2022年度) 3,000千m (60,千反)
以 上