close

2020年4月13日
東レ株式会社
マスク用不織布の国内向け供給体制の強化・拡充について

 世界各地で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりの皆さまに謹んでお悔やみを申し上げますとともに、引き続き闘病中の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。  また、感染拡大防止に向けて最前線で日夜奮闘されている政府および自治体の皆様、感染者の診断や治療に不眠不休でご尽力されている医療関係の皆様に心からの敬意を表します。  東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、この度、東レグループの有するグローバルな生産設備をフル活用し、日本国内向けに、マスク用不織布の供給体制を強化・拡充する方針を決定しました。  東レグループではこれまで、海外子会社でマスク用不織布の増産を進めてきており、現在では国内の大手マスクメーカー様を中心に、ひと月あたりマスク約3千万枚分の供給を行っています。まずはこれら設備でのさらなる増産を行うことで、東レグループからの日本国内メーカー向けの供給量を、今年5月からひと月あたりマスク約6千万枚にまで拡大させる考えです。  一方、日本国内では、東レ滋賀事業場内にある不織布試験設備の量産対応化検討に着手しており、今年5月以降にひと月あたり最大でマスク約2千万枚分の国内供給体制確立を計画しています。  加えて、医療関係の皆様に着用いただくための防護服についても、国内外を含めた生産・供給体制を早期に確立し、日本国内に供給していくことを検討中です。  東レグループは、企業理念である「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します」に基づき、社会貢献を企業の目的の最優先事項として事業に取り組んでまいりました。  2018年7月に策定した「東レグループ サステナビリティ・ビジョン」においても、2050年に東レグループが目指す世界を展望し、そのために東レグループの革新技術・先端材料によって世界的な課題の解決に貢献することを目指しています。  当社は今後も、今般の新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、政府の策定する行動計画に基づき、必要な対策を実行するとともに、早期の終息およびその後の社会と経済の発展に全社を挙げ力を尽くしていく所存です。

以  上