close

09/20/2019

No.0377 XRDを用いた黒鉛負極の充電状態マッピング

リチウムイオン電池の充放電反応は活物質の構造変化を伴い、その様子は、透過力の高いX線を用いてXRD測定を行うことで、非破壊で可視化することが可能である。ここでは劣化状態の異なるラミネートセルについて黒鉛負極の充電状態をマッピングし、反応の均一性を評価した例を示す。

マッピング測定方法・特徴



X線の照射位置を変えながらX線回折測定

事例:異常劣化した電池の黒鉛負極充電ムラ

<ラミネートセル構成>
正極:NCM523 負極:人造黒鉛 電解液:1M LiPF6  EC:DEC=3:7 1Cレートサイクル 1、100サイクル目は0.05C
黒鉛負極のマッピング測定結果
<測定条件>
4.2Vまで充電後、開回路状態で40×70mmの範囲を縦20点×横20点=400点をXRD測定。LiC6/LiC12比率をマッピング
      

分析機能と原理


カテゴリー

自動車, 電池

分類

リチウムイオン電池