close

2021年3月10日
東レリサーチセンター
ガス分析対応型高分解能GC/MSを導入します!(2021年6月本格稼働)
 この度、ガス分析も可能な高分解能GC/MS装置を導入することになりました。これまで、加熱発生ガス分析や臭気分析等を実施したけれども、成分の構造特定までは出来なかったといった経験はございませんか?精密質量解析はもとより、CI測定やMS/MS測定を組み合わせることによって、より精度の高い構造解析が可能となります。

 
 また、今回導入する装置には、デコンボリューション解析、多変量解析、GC×GC測定の機能も搭載しております。これらの機能を用いることにより、

・主成分に隠れたにおいの原因物質を見つけ出したい
・Lot間での極微小なガス成分の違いを調べたい
・百を超えるような多成分からなるガスについて、視覚的に分類を行いたい

といったご要望にお応えすることも可能です。

 いくつかのアプリケーション事例もございます。ご興味のある方はWeb等にて、個別に技術紹介をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。


関連資料 ~ガス分析対応 高分解能GC/MSを導入します︕~ (PDF:416KB)


【本サービスに関するお問い合わせ先】 
 TEL:0120-95-2186
 E-mail:bunseki@trc.toray.co.jp

技術的なご質問、個別の技術紹介に関する要望に関しましては、直接以下までお問い合わせください。
 有機分析化学第2研究室 担当:竹本
 TEL:077-533-8621