close

2021年8月5日
東レ株式会社

多摩美術大学が開催する企画展への協賛について
 東レ株式会社(本社:東京都中央区、社長:日覺昭廣、以下「東レ」)は、学校法人多摩美術大学(所在:東京都世田谷区、理事長:青柳 正規、多摩美術大学学長:建畠 晢)以下「多摩美大」)が開催する企画展に対して、スエード調人工皮革ウルトラスエード®の素材提供などの協賛を行います。
 本企画展は、多摩美大内に設置された素材研究室 「CMTEL」が、主催するワークショップ「マテリアル・デザイン・クッキング〜東レ株式会社×多摩美術大学 ウルトラスエード®の素材探求〜」の作品展示を実施するもので、8月24日(火)~28日(土)および9月6日(月)~18日(土)(日曜定休)の17日間、東京ミッドタウン内に構成される「多摩美術大学TUB(Tama Art University Bureau)」にて開催します。 またこの企画展では、多摩美大の学生が自ら講師となり、ウルトラスエード®を使用しオリジナルポシェットを制作する、中高生を対象としたワークショップを、期間中に開催する予定です。
 東レと多摩美大は2021年5月から6月にかけて、生産デザイン学科の学生を対象に、ウルトラスエード®を使ったワークショップを開催しました。
 ワークショップでは、学生が東レから無償で提供された素材を活用して創作活動に取り組み、東レは素材の特徴や取り扱い方法等をレクチャーする講義を行いました。
学生たちの作品や実験結果は斬新なアイデアに満ち溢れており、商品としてすぐにでも市場で販売ができるような完成度の高いものも多く、ウルトラスエード®の新たな可能性を発見する活動となりました。
 今回の企画展は、この活動を通じて得られた学生の独創的なアイデアやウルトラスエード®の可能性といった取り組みの成果を多くの方々に見ていただく機会として、作品を一般公開するものです。
 東レは、2016年から国内外の著名なファッションやデザインに関係する教育機関に対し、継続的にウルトラスエード®についての情報提供と素材の無償提供をしています。また、ファッションを中心とする若手デザイナーの育成支援を目的とした海外のファッションイベントやアワードへの協賛など、次世代のデザイナーへの支援活動をこのような取り組みの中で積極的に行っています。 東レは、ウルトラスエード® 事業において、「素材の進化で、まだ見ぬクリエイションを共に。社会をより豊かに、美しく。」というビジョンを掲げており、東レグループの企業理念である「わたしたちは新しい価値の創造を通じて社会に貢献します。」の実現に向けて、これからも挑戦してまいります。 企画展についての詳細は下記の通りです。
【企画展について】
1.名称:多摩美術⼤学 TUB 第5 回企画展
「マテリアル・デザイン・クッキング
〜東レ株式会社×多摩美術⼤学 ウルトラスエード®の素材探求〜」
2.会期:2021 年8月24日(火)~28日(土)、9月6日(月)~18日(土)
全日11:00〜18:00(日曜定休、入場無料)
3.会場:多摩美術大学 TUB
東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F
(東京ミッドタウン・デザインハブ内)
4.主催:多摩美術大学 CMTEL(協賛:東レ株式会社)
【中高生向けワークショップについて】
会期中に、中高生を対象とした、ウルトラスエード® を使用するワークショップを開催する予定です。詳細は多摩美術大学 TUBのウェブサイトをご確認ください。
https://tub.tamabi.ac.jp/

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、状況により、プログラム開催方法の変更、開催の延期、中止をさせていただく場合があります。


【多摩美術大学 CMTELについて】
CMTELは、Color(色彩)、Material(材料)、Trend(傾向)をExploration(調査)することによって、自身の制作物の材料や考え方の糸口を見つけるためのLaboratory(研究室)として、2007年7月に多摩美術大学内に設置されました。
さまざまな材料メーカーの協力により最先端の素材や技術を収集し、学内4,700名のアートとデザインを学ぶ学生の為のシンクタンク的な活動にとどまらず、情報の発信や収集を行うために、多摩美大と協定校のアートセンター・カレッジ・オブ・デザイン(米国)のCMTELとの連携を核にし、世界中の大学や研究機関とともに材料やトレンドについて研究を行っています。
【ご参考】
6月23日に開催されたワークショップ(作品完成報告会)および作品
  
  
東レ株式会社 ウルトラスエード® サイト https://www.ultrasuede.jp/
以 上